nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

しし座 M95 & M96 棒渦巻銀河 ちょい似

今朝は風も弱く、素晴らしい青空!

実は「えっ!」っという感じで、外を見ています。

予想では「ドヨヨ~ン」のはず、なので。。

失敗したな~晴れるのなら新しく発見された 2017E4 ラブジョイ彗星を撮りたかった!

まぁ、既にすっかり明るいので、後の祭り。。さて明日の夜明けは??

f:id:nyancotan:20170318063419j:plain

  M95 しし座 棒渦巻銀河:SBb 9.7等 02月26日21時56分 直焦点 ISO6400 20秒 25枚合成

f:id:nyancotan:20170318063835j:plain

  M96 しし座 棒渦巻銀河:SBab 9.2等 02月26日22時12分 直焦点 ISO6400 20秒 27枚合成

春の夜空に輝く獅子(ライオン)の姿。一度、星座の姿を教えてもらうと・・多分、一生見つけることの出来るライオンが天空に描かれています。黄道 12星座なので誕生月になっている方もいる星座。さて、そんなライオンのお腹の辺りに輝く 2つの銀河が M95 と M96 、ともに棒渦巻銀河で明るさも大差なく、少し見る角度が違うかな。。という銀河達です。 その明るい中心部分を取り巻く、極淡い円盤も、どちらの銀河にも見られ少しアクセントが付いています。さて・・どんどんと太陽に近づいている宵の明星(金星)ですが、その南側に水星が見え始めました。明日は、ほぼ水平に並ぶ姿が見えるでしょう。金星はマイナス 4等星、水星はマイナス 1等星、西の地平線が見通せる場所ならきっと見つけられるかも。。

淡く 45P Honda-Mrkos-Pajdusakova彗星 3/15

予定通りのどんより & 小雪

最新の予想資料では、19日夜がよく晴れそう。

19日の月の出は、翌20日の 0時過ぎ・・春の銀河、大量に写せそうです。

周辺 3箇所のスキー場も、今年は雪が少なく、先週 12日で営業を終えたそう

宵空の彗星も銀河も光害の影響がなくなりました。

層雲がはびこるには季節も早く、蚊もいない。。一年で最も良い時期を迎えました。

f:id:nyancotan:20170317070330j:plain

  45P 本田・ムルコス・パデュサコバ彗星 03月15日20時08分 直焦点 ISO3200 30秒 19枚合成

彗星は、とても淡くなっていて、当日は彗星があるだろう領域を写しても姿を認めることが出来ませんでした。手元に星図を用意して写しているので、合成すればなんとか・・と。そして合成処理、淡く彗星が浮かんできました。一応、核も認められ、オリジナルで彗星を探すと。。ありました!ただコマの全てで明瞭、とはいかず・・彗星核基準合成をするには困難な状況。結局、恒星基準合成で仕上げています。私が九州に旅をしていた頃、沢山の方が綺麗な姿を撮っておられたので、少し期待していましたが残念です。ちなみに彗星の光度は、凡その全光度。核自体は 13~14等級でしょうか。。かなり暗いです。既に地球からも遠ざかり、今回の回帰は終焉を迎えているようです。そんな彗星の姿を捉えた夜の少し前・・

f:id:nyancotan:20170315172844j:plain

       日没 03月15日17時28分 40mm F22 by PENTAX K-01

その夕暮れに染まる空、その少し前・・青空の中に輝いていた金星です。

f:id:nyancotan:20170317072029j:plain

金星 03月15日16時53分 DOB GOTO12 + POWER MATE x2.5 カメラ動画利用 300コマ合成

41P Tuttle-Giacobini-Kresak彗星 & 金星 3/15

今日から明日は低気圧の影響下

商売は小休止、その間に月も少し細くなるので好都合

さて昨日は、予定通り北風が少しだけ強まりました。暗くなるころまで。。

なので風除けに、ブルーシートで望遠鏡を囲うように幕を張り、金星を強行撮影・・

そして風も少し収まり、月の居ぬ間に彗星も、そんな彗星の姿です。

f:id:nyancotan:20170316082531j:plain

     41P タットル・ジャコビニ・クレサック(Tuttle-Giacobini-Kresak)彗星 03月15日18時52分 直焦点

昨日UPした写真よりも 30分遅く撮影を開始した一枚、彗星から拡がる尾?が大きく、しかも彗星はかなり明るい印象です。日に日に地球に近づいている事もありますが、やはり撮影環境が大きく影響しています。この彗星のあとに M108(おおぐま座:棒渦巻銀河 10.1等)を撮影したのですが、明らかにこちらの方が明るいです。彗星の動きはやはり大きく、撮影するコマが変わるたびに彗星の位置が変わるのがわかりました。この写真の星の光跡は、約 20分間の動きを表しています。まだまだ地球に接近中、さらに動きが大きくなる予定。次の晴れ間は 18日夜から始まります。次はどんな姿でしょう。。さて強行撮影した金星です。

f:id:nyancotan:20170316070731j:plain

金星 03月15日16時35分 DOB GOTO12 + NexImage5 Gain14 50fps 1/3333秒 1000コマ合成

画像処理が下手で、13日よりも太った感がありますが・・こちらの方が実際に近いよう、まぁ細いということで。。あとは、この日の未明に撮影した惑星らしきです。

f:id:nyancotan:20170316071051j:plain

    木星 03月15日03時31分 機材同上 Gain16 50fps 1/137秒 1500コマ合成

f:id:nyancotan:20170316071214j:plain

     土星 同日04時39分 機材同上 Gain26 40fps 1/39秒 1500コマ合成

先日よりも出来が悪くなりました。大気の揺らぎはつかめません。。トライ & トライ!

注:41P 写真を差し替えました。なお彗星の光度は適当な比較星が無く、8等級に達しているかの判断は出来ませんでした(16日08時29分)。補足:撮影データ ISO3200 30秒 42枚彗星核基準合成