nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

木星 04月08日宵 & 10日未明のSWAN彗星

おはようございます。

昨夜は「肝心な事」を神様にお願いするのを忘れてしまいました。

なんと風は、どうにか人間衝立※1 を風上に作れば撮影が出来る程に弱まり・・

神様の力は凄いですね。感謝!しながら撮影しました。

そして寝坊することなく、未明の彗星を撮ることに成功しました。

SWAN彗星、2日がかりで目標達成!です。

その姿は、とても小さな核がキラリ、全体像は月の海(危機の海)位ある拡散した

大きなぼわっとした姿でした。

薄明の進んだ、明るい空では写らないはずです。納得・納得。。

ただ「肝心な事」・・・そう、ひつじ雲が拡がったのです。

風は弱まったものの雲の隙間は 3割ほど・・

晴れることも、お願いしておけば良かった。反省しきりの朝でした。

f:id:nyancotan:20150410061003j:plain 木星 04月08日19時05分 撮影

DOB GOTO12(30cm反射経緯台)Or9mm+2Xテレ ISO800 FullHD 30fps 400コマ合成

※ 08日夜は雲が多い中、予定通りに木星の撮影からスタート。低気圧が抜けた後で晴れてはいたものの、上空の西風はかなり強い状態。そんな中で・・と不安もありましたが、案外スッキリとした時間があり綺麗な写真に仕上げることが出来ました。合枚数が 400枚・・元の動画が、落ち着いていて綺麗だった証拠です。大赤班が顔を出し始めたタイミング、右に写っている衛星は「イオ」です。何時もなら、もう少し待って大赤班が正面に来るタイミングで撮るのですが、この夜は待つ時間はありません。次に銀河の撮影・ケツカッチンの夜でした。カメラは PENTAX K-01

※1・・人間衝立:いつも望遠鏡の下に引いている畳一枚程のゴムマットを手でもち、  
                    マントの様に広げて風上に立ちます。結構、辛い状態です。