nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 で ★天体写真★ in 北海道岩見沢

東方最大離角を迎えた 水星 05月07日

おはようございます。

昨夜は、絹雲が上空を時々通過しましたが

どうにか撮影の出来る状況でした。

ただ宵空で撮影した木星は綺麗だったのに

暗くなってから南東の空に輝いていた土星は、まったくピントが・・・

月が居ぬ間に撮影した銀河も、もう少し撮りたかった

今夜からは暫く撮影はお休み(晴れません)

本業の方は・・今日から用水路に水が流れます。

田んぼに水を入れ、代掻きをする日が近づいてきました。

あと半月ほどで田植えが始まります!

f:id:nyancotan:20150507194218j:plain 水星 & 金星 05月07日19時42分

PENTAX K-01 DA40mmF2.8XS ISO400 絞り F5.6 露出 8秒 固定撮影

※ 一昨日の霞んだ空とは一変、澄んだ青い空が戻ってきました!地平線の近くには上空の絹雲がありますが、目標の「水星」を撮ることが出来ました。写真は、星が見やすくなるように「点」に写す事よりも「輝き」が目立つように、気持ち露出を長くしています。40mmレンズの画角は対角線で 39°、もちろん一番明るいのは金星・・さて水星は?金星からずーっと右斜め下へ視線を移し、明るい空と濃い青の空が混じりあう所・・見つかりましたか?これが太陽系で最も太陽の近くを回っている水星です。この日は、東方最大離角※1を 14時に迎えたばかり、見かけ上太陽から最も離れた状態です。こんなタイミングが水星を見つけるチャンス!太陽を 40日余りで一周する水星は、次は夜明けの空で 6月25日に、そして 9月4日には再び夕方の空で太陽から離れます。ちなみに昨日が今年、最も見やすい状態でした。ここ数日は同じ様な感じで輝いていますので視力のテストを兼ねて探してみてはいかがでしょうか?

※1・・東方最大離角:太陽の周りをまわる惑星の内、地球よりも内側にある水星・金星が太陽との見かけの角度が最も大きくなる日(状態)。明け方の空では西方最大離角、宵の空では逆に東方最大離角の日に最も離れる。