nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 で ★天体写真★ in 北海道岩見沢

あの晴れ間は何処へ? はくちょう座 γ 付近

おばんでございます。

さて期待薄の宵、2時間ほどの撮影が出来るのか・・今日

朝まで快晴!なんて喜んでいたのもつかの間・・明日

やはり台風のいた予想資料、歯車が狂い始めます。

今夜は、晴れ間があるのか?すら怪しい気配

明日は、暗くなって 3時間もすると曇ってしまいそうな気配

季節はずれの台風は、何もかもを狂わせます。

田植えを前に、連日冷たい風が吹き続け

あの小春日和は何処へ?

f:id:nyancotan:20150505185346j:plain はくちょう座 γ付近

f:id:nyancotan:20150516170147j:plain アルビレオ~アルタイル

PENTAX K-01 smcPENTAX135mm F2.5 絞り5.6 ISO6400 30秒 上:30枚、下:16枚

※ 壊れた赤道儀の第2の人生、ポータブル赤道儀・・時々活躍しています。写真は、どちらも「はくちょう座」付近を撮影したものです。上の写真、中央に明るく輝く星は、はくちょう座 γ:ガンマで星の名前はサドル(はくちょうの胸の意)。周辺は漂うガスが星の光などを受けて所々赤く輝いている領域です。少し彩度を上げて強調した写真に仕上げていますが、色はもっと赤く仕上げても良さそうです。下の写真は、対照的に静かな印象を与える仕上げです。中央左上に輝く明るい星が、アルビレオ(くちばしの意)の名前を持つ星で、全天でも一二を争う綺麗な二重星です( 北天の宝石 アルビレオ - nyancotan's diary )。もし夏の天体観望会などで望遠鏡を覗く機会があれば是非見て欲しい星だと思います。そのアルビレオから写真を横断する天の川をはさんで右下に輝く星はアルタイル(七夕の彦星)。わし座の一等星、最近では 21時頃に東の空に顔を出します。さて、今夜はアルタイルの輝きを見ることは叶うのでしょうか・・。