nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

ヘルクレス座 NGC6181 棒渦巻銀河

おばんでございます。

朝にちらりと覗いた青空、その後はとんと姿を見せませぬ

昼頃まで「ぱらり・ぱらり」と雨が落ち、冷たい風の吹く一日でした。

初夏には、縁遠い寒さです。

さて、明日は午前から陽の光が眩しい空

初夏の日差しを薄い雲が和らげますが、風も弱く過ごしやすいでしょう

期待の夜も、星々が輝きを放ちそう

今月 1日未明以来、約 10日振りの星空!!

お月様も気を使って、夜半過ぎまで地平線の下で「ぐーぐー」

本当に何時も助かります。

f:id:nyancotan:20150610152911j:plain

            NGC6181(ヘルクレス座 棒渦巻銀河)05月24日21時35分 直焦点撮影

 DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)ISO6400 20秒 30枚合成 PENTAX K-01

※ 夏の星座の一員として持っている本に載っている「ヘルクレス座」、7つの冒険で有名な優しい大男ですが、なんと妻に殺されています・・正しくは、妻が騙されている事に気が付かず、毒を染み込ませた下着を旦那様に送り、それを着たヘルクレスが苦しみの余り自ら命を絶ったのです。妻も、それを知り・・なんとも悲しい物語。神話にも深ーい話もあるのです。さて、ヘルクレスの姿を天球上で見つけるのは、実は少し難しい・・何故ならば、明るく目立つ星がありません。私も頭(顔)がここで、そこから身体は北へ連なっていて、こんな感じ・・位です。この NGC6181 は、そんなヘルクレスの右肩に輝いている、2つの大きな腕が「ぐるり」ととり巻く棒渦巻銀河(光度12等級ほど)。その腕は、少し非対称な感じに見えていますが銀河らしい姿です。こちらも Google で検索して100件で1件しか日本の方がヒットしないマイナーな存在の様です。