nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 で ★天体写真★ in 北海道岩見沢

近日点を通過したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星

おばんでございます。

かなり空に隙間(青空)があります、あとは風に耐えてどこまで・・。

今夜の目標は、未明のバーストしたらしい 141P マックホルツ 第2彗星!!

どこまで明るく・大きくなっているか?是非、一枚写せるように頑張ってみます。

願いが通じたら、明日の夜に写真をUP致します。

さて台風第15号・・九州にこれから近づきますが大きな災害が無い様に願っています。

九州の皆さーん、準備は整いましたか?台風との戦はこれからですよ!

通勤時間帯に道路が冠水、鉄道がストップ、停電、etc

絶対に無理をせず、まずは家族の事を思って自宅待機も一つの手段です。

電話一本で、命が救われるなら迷わず上司にダイヤルを

そんな中で、晴れ曇りを気にしている私は・・・どうか、お許しあれ

f:id:nyancotan:20150824171202j:plain

67P チュリュモフ・ゲラシメンコ(Churyumov Gerasimenko)彗星 8月23日02時46分

    DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)ISO6400 20秒 18枚彗星核基準合成

※ 8月13日に軌道上の太陽に最も近い点(近日点)を通過したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星です。短く淡いながらしっかりと尾が伸びている様です。彗星の周りを彗星探査機ロゼッタが周回しながらの通過で、先日ヨーロッパ宇宙機関が公開した動画では、彗星からジェット噴射の様に噴出す物質が写されていました。映画そっくりの画像に驚きです。まぁ宇宙空間では、マイナス270℃余の環境だったのが、プラス80℃まで昇温するのだから、構成している物質が蒸発(昇華)もするのも納得です。しかも彗星自体が回転して太陽に向けている面を変化させているのだから、噴出す物質も不連続に変化するのでしょうね。そんな物質が、尾として見えているかと思うと・・我ながら凄いなーと関心してしまいます。割と単純・・。 カメラは PENTAX K-01