nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

11月11日宵空 2つのPANSTARRS彗星

おばんでございます。

雨は止みましたが、ドンヨリしています。

今夜は、予想資料でほんの一時晴れるようですが

その後がいけません。。寒気に伴う雲の発生を示しています。

最悪、弱い雨を伴うでしょう。風も西風が強まる予想・・。

今夜は大人しく、布団に入る方が良さそうです。

f:id:nyancotan:20151115175224j:plain f:id:nyancotan:20151115175300j:plain

   C/2013 X1 PANSTARRS彗星         C/2014 S2 PANSTARRS彗星

※ 先日、地球に接近した小惑星(接近する可能性ある小惑星)を全て見つけるために整備・稼動している PanSTARRS(パンスターズ)計画で発見された彗星です。小惑星と彗星の構造的な境目は微妙で、核(小惑星など)自体から噴出物がなければ小惑星、ガスなどの噴出物があれば彗星となっています。大きさや形などでの区別はありません。なので、氷の山が見つかった冥王星が、仮に太陽に接近する軌道を進み・・ガスが噴出し始めたら、超巨大な彗星だと云われるそうです。現在では太陽に接近する殆どが太陽系に属している天体だと云われておりますが、たまに太陽系の外から太陽の引力に捕まって、太陽に接近する天体もあるようです。まだまだ未知の天体が生きている間に現れても不思議はありません。さて、そんなシステムで発見された二つの彗星、共に太陽に接近中で明るくなってきています。とは云え肉眼で見えることは無さそうです。

撮影データなど 機材:DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)、PENTAX K-01

2013 X1:11月11日20時12分 ISO6400 15秒×8、2014 S2:同日 18時18分 同×20 共に彗星核基準合成