nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

NGC2595 かに座 棒渦巻銀河 & 淡い輪

おはようございます。

昨夜は「晴れ間」という言葉がぴたりと当てはまる天気

ほぼ曇りで経過しました(カメラの画像によると)。

晴れたのは、午後 23時から 30分ほど、そして午前 2時から 3時半。。今はドンヨリ

さて流星は写ったのでしょうか?まだ判りません

あとで一枚一枚、楽しみに見ていきたいと思います。

おうし座の後のしし座流星群、さて

ちなみに今夜は・・・ドンヨリが晴れに変わるのが午前 4時頃

日の出までは、晴れそうなので風が吹いていなければカテリナ彗星にトライします。

だめなら「しし座流星群」を・・。

f:id:nyancotan:20151118070503j:plain

                NGC2595(かに座 棒渦巻銀河)11月13日03時37分 直焦点撮影

  DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)ISO6400 20秒 20枚合成 PENTAX K-01

※ 冬の星座「ふたご座」と春の星座「しし座」の中間にある「かに座」、M44 という大きな散開星団がカニの甲羅の所に輝いています。こちらのメシエ天体は、暗い空なら肉眼でも”ぼんやり”と見える星の集まりです。この NGC2595 もカニの甲羅に輝く天体、少し腕がバラバラとした印象を与える棒渦巻銀河です。明るさは 14等級と暗く、多分私の望遠鏡でも肉眼では存在に気が付かないかもしれません。傍に輝く星が 9等星なので、こちらはキラリと見えるはずですが・・写真とは違い淡い光を蓄積する機能がない肉眼、案外見えません。さて、そんな淡い銀河を上回る更に淡い銀河が一つ、写真上部の矢印の先 PGC23700、大望遠鏡ではとても綺麗なリング状に腕が取り巻く銀河です。私の写真では反転して、辛うじてリングがあるらしい・・そんな一枚になりました。