nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 で ★天体写真★ in 北海道岩見沢

カテリナ彗星 11月29日(C/2013 US10 Catalina)

おばんでございます。

本日は身内の祝い事、久々に札幌まで行って来ました。

確かに札幌、記録的な・・と言っていたいた通り「大雪」の形跡があちらこちらに

普段なら、全く逆の景色がそこに広がっていました。

さて晴れると期待している今夜ですが・・

雪雲が僅かに北にそれて通過中、欠片の様な雪が舞ったり・曇ったり

天気の微妙な境界線上にあります。

その雪雲は・・明日朝にかけ下層風の変化に伴い更に北へ = 晴れます。

今朝、微かに写った彗星、明日はしっかりと写せそうです。

さて夜明けの月と彗星を撮りますか

f:id:nyancotan:20151129214716j:plain

          C/2013 US10 カテリナ(Catalina)彗星 11月29日05時43分 直焦点撮影

  DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)ISO3200 3秒 8枚合成 PENTAX K-01

※ 諦めた瞬間に、おとめ座のスピカが現れ望遠鏡のアライメントが完了しました。経緯台自動追尾では、まず初期設定が完了しなければ、天体の自動導入も追尾も精度良く出来ません(正確には、星や銀河の位置などの知識や星図などの指標があり、それらを使いこなせれば、どうにかなる場合もあります)。私の場合は、情けないことに・・とんと先に進まないので、おとめ座の α星 スピカは、彗星を撮影する上での女神の様な星です。そして雲が切れ始め、初めのフレームは雲!?、次も雲、次も雲、実は延々と雲を撮っています。漸く、青空らしき明るい部分がフレームの隅に現れ、次第に広がり・・一つ星が見え、二つ・三つと増えて行き、微かな彗星らしき・・彗星だー!?、よーしもっと雲よ去れっ!なんて思っても、そうは問屋が卸しません。。結局、上の写真が今朝の最も青空が広いフレームの合作です。でも目標の彗星の姿があるので、良しでしょう!