nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 で ★天体写真★ in 北海道岩見沢

おおぐま座 NGC3077 渦巻銀河?

おはようございます。

昨夜は、湿った雪 or 雨が落ちたのか?

そして晴れると期待の時刻 21時過ぎ・・風も無く絶好!

かと思いきや。。風は無いものの、月の姿も無く、星の姿も無く

全てが濃い霧に包まれてしまいました。ふぅ~。。

待てども待てども晴れないので、ご就寝!でも寝ながら「そうだ風が吹けば・・」

夢を見つつ、午前 3時・・外を見ると「さそり」が、火星と土星を引きつれ南の空に!

外へ出ると快晴・満天の星・夏の天の川 & 夏の大三角

久々に火星と土星を撮ったものの、既に夜が終わろうと・・午前 5時、撤収しました。

f:id:nyancotan:20160315071409j:plain

 NGC3077(おおぐま座 渦巻銀河?)02月27日21時12分 直焦点撮影 反転トリミング処理

 DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)ISO3200 20秒 20枚合成 PENTAX K-01 

f:id:nyancotan:20160315071618j:plain

                                  1500mm 直焦点 オリジナル画像

おおぐま座で超有名な銀河セット M81 & M82 の傍に輝く銀河です。が、私の手持ちの機材 GINJI 150FN 焦点距離 600mm なら一緒に写せるのですが、赤道儀が本当に鉄の塊になった今、それは叶わぬ夢となっています。という事で、別々に・・。撮影した時刻は、スキー場の照明が落ちたあとですが、何やら施設の点検作業があるのか?小さな照明が残ります。運悪く、おおぐま座はスキー場の上(北東方向)にあるので残念ですが、撮影すると照明の影響を受けてしまいます。なので、撮りたくても少し我慢して照明が落ちるのを待ちます。この夜は、そんなこともあり ISO3200 での撮影、感度を落とした効果か?銀河の中心部から外へのびるループ状の腕らしき構造が写りました。全体としては「渦巻き」という印象は薄く、少し非対称な楕円銀河っぽくも見えています。光度は約 10等級です。久々の夜明けの空色です。秋の星座は目立つ星がない・・

f:id:nyancotan:20160315045555j:plain

    夜明け 3月15日04時55分 DA40mm F2.8 XS → F10 ISO1600 2秒 固定