読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

朝晩曇りの季節、6月29日の火星と土星らしき

とても”日中”は良い天気なのに・・ぶつぶつ。。

夜になると、100キロほど離れた太平洋から St(Stratus)が流れて来ます。

夏が近づいた証拠で・・冷たい海水温が気温と同じか、高くならないと終わりません。

なので「晴れ朝晩曇り」の天気が、連日繰り返されます。

この時期のパターン天気なので、ここでは星空を諦めるしかありません。

そんな St が、一昨日も昨日も覆いました。当然、今夜も・・挙句に早朝は霧や霧雨

そうは言っても、大雨で苦労している本州の事を思えば、ここは天国です。

f:id:nyancotan:20160630191920j:plain

     火星 06月29日19時53分 DOB GOTO12(口径 305mm F5.0) NexImage5 直焦点撮影

f:id:nyancotan:20160630192110j:plain

                                                          土星らしき 同 20時37分

木星を撮り終え、火星へ・・この時、既に石狩平野(家から見て西側)には、St が走っています。風も湿った感じで寒い位に冷たい風です。四方を見渡すと、地平線に近い低い所ほど霞んでいて、如何にも「直ぐに曇りますよ」という景色。。案の定、21時前には St 曇り、更には霧に・・。結局、高度が上がりきらない内に撮影した土星は最悪の様相。どうにか撮れただけ、という感じです。銀河の撮影も諦め、撤収して正解の夜でした。参考:火星面の中央点 火星面経度(C.M)357.4° おまけ、下弦を過ぎた月です。

f:id:nyancotan:20160629011001j:plain

      月 06月29日01時10分 ISO1600 1/200秒 直焦点撮影 合成なし

撮影データ 火星:Gain 16 50fps  1/500秒 4000コマ、土星:Gain 18 40fps 1/173秒 2500コマ 共に Rejistax Ver.6 で合成、ウェーブレット処理

経緯台の追尾精度に関する記事を求めておられる方は、左の検索欄に「追尾精度」と入力して検索すると、幾つか記事が出てきます。ただし、スカイウォッチャー DOB GOTO12(私の手元の機材のみ)に関するものですのでご了承下さい。