nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

月の居ぬ間に眼視 etc 10月19日宵

今日は朝 6時頃に元気な寒冷前線が通過しました。

雷様と突風が一緒です。昨日の晴天とは 180度違う天気、秋らしいと感じます。

そんな昨日の晴天を締めくくる夕陽

f:id:nyancotan:20161019163750j:plain

  夕陽 10月19日夕刻 135mm+2Xテレ F2.5 → F11 ISO100 1/160秒 手持ち撮影

札幌の西にある山塊、その稜線に消え行く太陽。。広がる空は、快晴!満天の星空がありました。ウキウキしながらドブソニアンで撮影を始めたものの・・今朝通った寒冷前線に向かう南風が吹き始め万事休す。結局 2m/s ほどの風に阻まれ一つも撮れず終了。と言う事で 305mm(F5.0)鏡でメシエ天体(15.02.103.30.72.27.57.33.31.11.52.76)、NGC天体(6802.1245.884&869.559.7331.40.404.7009)を眺めました。20時頃、東の空に月が出てきて終了です。接眼レンズ 10mm、25mm、40mm の 3つを交換しながら楽しみました。印象的なのは M52 と M11 ともに散開星団、小さな星が無数にキラキラ!倍率を上げるとキラキラ加減が増してきます。そんなイメージ・・。あとはペルセウス座二重星団(NGC884)の中にタコの様に星が並ぶ姿をみました。銀河はといえば M33 よりも NGC7331 の方が明らかに良く見える。とか、まぁそんな夜でした。北海道上空には、これから雪を降らせる程の寒気が流れ込みます。先日みかけた雪虫の便り・・昔の方が伝えていることは伊達じゃないですね。