読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

ほんの少し条件が違うと NGC1073 & 霜の華

いや~今朝は久々に少し寒かったです。

満月近しの月が明るいので、午前 2時に出動したのですが・・外は氷点下 18度!!

真冬と同じ装備で出たので死にはしませんが、手先の冷たいこと。。

望遠鏡・カメラ・NexImage5、何もかも氷点下 18度。

カメラを望遠鏡から外し、木星を撮ろうと NexImage5 への交換。。

重さが分らなくなるほど冷たい塊。結局、雲間に輝く木星・・悲しき夜明け

それでも寒い中で沢山撮ったと思いきや、実は、雲り一時晴れ位

腹の減った熊さんの様に望遠鏡と車の周りを、ぐるぐると何十回も回りました。

何故なら・・黙っていると、凍えそうだから。。そんな朝には

f:id:nyancotan:20161212062812j:plain

f:id:nyancotan:20161212062759j:plain

  霜の華 12月12日06時28分 35mm+2xテレ F2.8 開放 ISO200 1/180 フラッシュ点灯

ここまで大きな結晶が育ったのは今季初です。途中でちらりと雪も降ったので、雪の結晶も幾つか乗っかっています。私の着衣のフードも吐く息で霜の華・・。さぶっ!

f:id:nyancotan:20161212080344j:plain

 NGC1073 くじら座 棒渦巻銀河:SBc 11.0等 12月03日20時18分 ISO6400 25秒 19枚合成

f:id:nyancotan:20161212080545j:plain

             同 反転・トリミング処理

11月29日にUP(11/24撮影)した銀河です。今回は空気が澄んでいたのか、大きく取巻く腕の様子が良く写りました。腕に重なる星や腕の中にあるこぶの様な構造もわかります。いつもこうだと良いのですが、周りの街灯を全て消すわけにもいかないし、上空の湿った空気には手も足も出ないし、まっ、二度と同じ夜はないということで・・。さて今朝写せた彗星について、まず明るくなったと感じたのは NEOWISE彗星、こちらは明らかに増光しています。姿も大きくなりました。次にジョンソン彗星、こちらは明るさは余り変化が無いようでしたが、姿は尾が少し扇状に広がっているように感じました。そんな彗星を、これから画像処理致します。お待ちを・・。