nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

さんかく座 NGC669 渦巻銀河 & 1月19日の太陽

昨日は、21時位から晴れるかな?と思い。じゃぁ、月の出るまで・・と

ですが。。これが、なかなか雲がひつこい、いつもの層積雲(Sc)

漸く晴れたのは、外へ出てから 小一時間を過ぎたころ。。おぉー晴れた!と喜んだのも

つかの間。。月が出るもなにも、また 23時前から曇ってしまいました。

でも、夜明けの木星なら・・と、望遠鏡を放置。

が、しかし、午前 4時半に外を見ても隙間はあるものの「曇り」

たかが、人間・・何事も思う様にはいかぬもの。ですね

おっ!そう言えば昨日の新千歳空港、航空機が滑走路を逸脱!

眼前に迫る全てが見えるパイロットは心臓バック・バク!!無事止まって本当に幸運!

それにしても怪我人が居なかったのは、不幸中の幸いでした。本当に良かった。。

f:id:nyancotan:20170120071808j:plain

 NGC669 さんかく座 渦巻銀河:Sab 13.0等 09月26日19時31分 ISO6400 15秒 24枚合成

f:id:nyancotan:20170120072020j:plain

         同 DOB GOTO12 直焦点オリジナル領域 by PENTAX K-01

さんかく座の銀河となっていますが・・星座絵図的には、アンドロメダ姫の衣に重なっていて・・。そんな、星座の領域を定めた境界線上に輝く銀河ということです。姿は小さいながら、薄い円盤をほぼ水平に眺めた様な銀河、トリミングした写真では中心部の上側に暗黒帯が薄っすら、あるような・ないような(大望遠鏡で撮ったものでは、帯がしっかり写ります)。。あとは、目立ちませんが・・小さな銀河、きっと遠くの銀河が、数知れず写りこんでいます。トリミングした中の「光のしみ」の様な、得体の知れないものが全て銀河です(明るいもので 5つ位は)。さて晴れぬ夜とは対照的に、昼間は案外と晴れました。昨日の太陽です。久々に小さいながら黒点がありました!

f:id:nyancotan:20170119132955j:plain

太陽 01月19日13時29分 135mm+2Xテレコン ND400フィルターx2枚重ね ISO200 1/320秒 ピクセル等倍