読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

低空飛行・・ 4惑星 2017年2月9日 & 新機材

惑星・月 機材・暮らし

今日からしばらくドンヨリ & 小雪・雪。。

次の期待は、15日夜~16日夜・・丁度、月も満月を過ぎ、宵空に暗さが戻る頃。。

と言ってもスキー場は大盛況の季節、当然ナイタースキーも活況らしい

本来なら、北東の空に昇る「おおぐま座」周辺の銀河を沢山撮りたいのだが

ナイター照明の落ちる 21時までは我慢の子、今が絶好の季節なのに。。

なんて西~南西も、札幌のスキー場がバーン!と照らしている。

雪が降れば撮れぬ、晴れれば照明で明るい、と・・冬の宵空は八方塞なのです。

だから照明に負けない明るい惑星を撮ります。で・・

f:id:nyancotan:20170210184423j:plain

       上段:火星 02月09日17時58分、金星 同日17時42分

   下段:木星 同日①左 04時56分 & ②右 05時53分、土星 同日06時10分

と言っても、どれも低調な仕上がりで・・納得のいく出来栄えには遠い姿です。火星は酷く、大シルチス付近が写っているらしいのですが、う~ん。。という感じ、何故なら晴れると思っていなかったので望遠鏡を急遽セット、車の中で暖をとっていた状態だったため。。なので金星すら揺~ら揺ら、形と大きさの変化がわかる程度の仕上がりです。その夕方の半日前・・夜明けの彗星を撮る為に起きたその日。。彗星のある領域が晴れるまで、次第に晴れ間が広がる空に木星を撮影。そして彗星を撮り終え、再度、木星に戻って・・最後は、ダメ元の土星。。今期初の土星としては、なんとなく「・・らしい」姿に実はプチ満足!ちなみに火星は 2.5倍した姿ですが、その他は全てピクセル等倍で合成していますので、望遠鏡で見たときの大きさの比較が出来ます。金星、大きいですね~!金星は、今月 17日に最も明るく見える最大光度を迎えます。昼間でも青空の中に肉眼で見える人がいるといわれる明るさに達します。目の悪い私は到底無理なスゴ技です。。

撮影データ DOB GOTO12 + NexImage5 動画撮影(火星のみ 2.5倍 POEWR MATE利用)

火星:Gain 25 35fps 1/106秒 100コマ合成、金星:Gain 10 50fps 1/3333秒 2000コマ合成、木星①:Gain 18 40fps 1/250 2000コマ合成 ②:Gain 20 40fps 1/225秒 2000コマ合成、土星:Gain 20 40fps 1/60秒 500コマ合成 by Rejistax Ver.6

おまけ・・手元の MT160 ですが、TS90型赤道儀を載せている三脚が「直脚」で、レベルをとる時の微調整に苦労したので、こんな物を作りました。

f:id:nyancotan:20170210144600j:plain

         三脚アジャスター(ラチェットスパナ付き)

   最大 2cm 修正できます。これで赤道儀の設置が捗ると思います。1640円也