nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 で ★天体写真★ in 北海道岩見沢

渦巻く銀河 縦横に NGC5905 & NGC5908 りゅう座

小出しに上空の強い寒気が通過しています。

本日、通過のものがメインの様子。本州方面でもあられや雹が雷と共にでしょうか。。

昨日は小さな氷の粒が、ザーっという感じで午後に降りましたが

今日の午後は、一体何が落ちてくるのか?

一歩間違うと数センチの雹だったりすると、ビニールハウスに穴が開いてしまう

中の野菜の苗や撒いたばかりの稲に被害が出ないことを願うのみ。

そんな今日は、午後 4時から道路の愛護週間でゴミ拾い。合羽姿での作業にならぬよう

それまでには止んでほしい。。

f:id:nyancotan:20170429064118j:plain

NGC5905 棒渦巻銀河:SBb 12.0等(左上) & NGC5908 渦巻銀河:Sb 11.9等 01月24日撮影

f:id:nyancotan:20170429064343j:plain

    同 03月28日撮影 共に直焦点 ISO6400 20秒 上:25枚、下:19枚合成

f:id:nyancotan:20170429064541j:plain

        同 反転 & ピクセル等倍を50%縮小してトリミング

41P タットル・ジャコビニ・クレサック彗星が通過していた、りゅう座の領域に輝く銀河。彗星を写す際にアライメントをうしかい座の α星 アークツゥルスとこぐま座の β星で行い、その傍に輝く銀河をまとめて写します。二つの銀河は、一見すると見かけの大きさが倍ほど違うように見えますが、よく見ると NGC5905 には、本体から淡いですが大きな腕が 3本ほど伸びていて、実は NGC5905 の方が視直径は大きいと観測されています。一方の NGC5908 は、小さなソンブレロ星雲(M104)みたいに、微かに暗黒帯が銀河を上下?に分断しています。銀河に重なる二つの星も、超新星を思わせる光度ですが・・ま、いつものことで。。