nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 で ★天体写真★ in 北海道岩見沢

天気が良くても無理なもの 樽前山登山

昨日は朝 4時に起きて準備を整え

午前 5時に車でGO!目指すは「千歳市恵庭市苫小牧市」の市町境にそびえる

標高 1500mほどの樽前山(たるまえさん)へ・・で、着いていきなり!

f:id:nyancotan:20170509065500j:plain

登山道がクローズ。。五合目から七合目まで徒歩で行くしかありません。この道は・・

f:id:nyancotan:20170509085000j:plain

原生林の真っ只中を突っ切る一本道 & 冬眠から覚めたヒグマ & 母熊なら小熊とセットの熊の巣です。なので、熊鈴を鳴らし・・近づくなよ!!と宣言しながら歩きます。道はというと。。

f:id:nyancotan:20170509084300j:plain

七合目ヒュッテまでは、良く整備されていてゲートさえ開けば車で上がれます。が、一人で約 2キロを歩くと・・かなり怖い。。小鳥やエゾリス位だと嬉しいのですが

f:id:nyancotan:20170509073000j:plain

まだ閉鎖されていた七合目ヒュッテ、この右には登山者名簿が入った小さな小屋・・

f:id:nyancotan:20170509073400j:plain

七合目ヒュッテのすぐ脇に 30台ほどの車が駐車できる駐車場があって、その奥にトイレと登山道の看板(こちらにも登山者名簿あり)。。既に残雪があります。さて、登る!

f:id:nyancotan:20170509080900j:plain

途中、登りながら時々見晴らしがよくなり、樽前山の稜線を眺めさらに上へ。

f:id:nyancotan:20170509073700j:plain

何時もの、少し開けた休憩できる場所へ到達!振り返ると支笏湖が眼下にみえます。と、ここまでは良かったのですが、標高があがるにつれ・・

f:id:nyancotan:20170509074900j:plain

登山道は、残雪の中へ埋没し・・雪中登山 & 一部氷道へ、でしばらく進んだものの・・登山靴ではない私は、滑落の恐れも出てきて。。降りるのも勇気!と今回は頂上まで到達できずに、登るのを断念することにしました。ここらはまだ木が生えていて、滑ってもどうにかつかまるものがあるのでが、林を抜けると完全な砂場(急傾斜地)なので、一気に滑落!?人に迷惑をかけるもの・・と言うことで。。。6月中旬には登山道もオープンするらしい、その時にまたチャレンジしたいと思います。本当のプチ登山でした。

f:id:nyancotan:20170509091400j:plain

予定よりも早く山を降りたので眼下に見えていた支笏湖に寄りました。日本最北端の不凍結湖、透明度もよく、天気も良かったのでとても水の色が綺麗です。支笏湖ブルーと最近では呼ばれているそう、そして湖の向こうに

f:id:nyancotan:20170509091600j:plain

樽前山(左:溶岩ドームが見えます)と不風死岳(ふっぷしだけ)、支笏湖カルデラ