nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 で ★天体写真★ in 北海道岩見沢

2017年 彗星会議 in 旭川 初日

彗星会議が開催される旭川市に、一足早くついて、昔の仲間と一献傾け

そして昨日・・人生初の彗星会議(初日)へ参加した

北海道で開催されるのは、札幌市で開催されて以来、10年ぶり

分科会「 彗星を捜す。」へも参加した。

その中で紹介された話、地球上のどの国も彗星を捜索している方は 100名に達しない

唯一、日本がその100人を超えるかも?という捜索大国らしいと。。

会議への参加者は、全国各地(九州~北海道)から 50名を超えている。

聞くほどに、案外と活発に活動している分野だとわかった。

f:id:nyancotan:20170610140500j:plain

    2017年 彗星会議オープニング 旭川市科学館館長 伊藤 豊 氏の挨拶

f:id:nyancotan:20170610124700j:plain f:id:nyancotan:20170610123000j:plain

  旭川市天文台 新旧の主鏡(左:五藤光学 15cm屈折 右:65cm カセグレン反射)

会議の前には、8mのドームでプラネタリウムも覗きました。さて本日 2日目。。参加者の中には長年観測活動をされている方や近々に新天体を発見されている方など、有名な方が多数。今日も貴重な話に耳を傾けたいと思います。会議開催後には、旭川市科学館主催、市民も参加できるサイエンス・セミナーが行われ 国立天文台副台長 渡部 潤一 教授の最前線の天文学、普段聞くことのできない現場の話が聞ける。