nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 で ★天体写真★ in 北海道岩見沢

非対照の渦 NGC5678 りゅう座

さて本日もいつもと変わらぬ朝、そして日中は青空、30度に近く気温もあがる。

数十年前のあの日が今日、広島では平和式典が行われる。

忘れることの永遠に来ない、一日を思い、そして誓って・・。

夏休みに入ったという米国の大統領と、隣国の打ち上げ花火が好きな方が

二人で手を取り合って、献花に訪れ、反省してほしい。

考えを正すには、まだ間に合うのだから

台風は、また人の命を奪いながら進んでいる。自分の命だけは守りたいらしく

丘に上がらず、海上を進む。それでも少しずつ弱まる。

そうは言っても台風、彼も彼なりに尊厳がある。ただ人の命を奪って良い訳ではない

人の世も、自然界にも、反省の必要なやからが必ずいる。

f:id:nyancotan:20170806064035j:plain

 NGC5678 りゅう座 棒渦巻銀河:SBb 12.0等 03月20日23時34分 ISO6400 20秒 20枚合成

棒渦巻銀河に分類されていますが、私の機材では、腕がバランス悪く取り巻いている銀河、程度の一枚です。非対称ということは・・過去(現在も進行中?)に近くを通過した銀河などの影響を受け、引き伸ばされたのか?そんな事を想像します。自然界に存在するものは、総じて何かしらの外圧がかからない限り、対称性を持っているものが多い。ただ面白いことに、例えば鳥の雌雄は個々の固体は対称性があっても、その羽の色?などに雌雄の差が大きいことが多く、また昆虫や両生類・爬虫類などでは、同様に雌雄の固体に大きさの差があることが多い。人間も見た目に男女の違いがある。バベルの塔を破壊した意図も、人間の過ちをこれ以上大きなものにすることを避けたいがため。その願いも、届かぬ時代を自らの力で得たのも人間。悲しいのか嬉しいのか、創ったものの思いやいかに