nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

nyancotan 家の星空予想 07月20日発表

モデルは台風第 6号は各国大きな違いはない。次のものは本邦モデルは昨日に比べ発生が遅れ、発達しながら北上を示すが動きは緩慢。米国および欧州は昨日と変わり、26~27日頃に関東・東北南部周辺へ接近させ、その後停滞気味。昨日よりも列島に影響を及ぼす可能性が大きくなった。特に米国は 980hPa 台まで発達させたあと温低化して衰弱、接近するタイミング如何で関東周辺は・・・。本道付近は、本邦モデル通りなら影響は期末に風と波、さてどうなるか??星空は本邦通りなら期末に ☆ が並ぶ。。

              天気                                     星空予想  最高気温   気象要因
20日        晴れ夕方から時々曇り                        ×          31      低日本海北部→衰弱 日中NW
21日小● 曇り日中時々晴れ朝晩小雨                ×           28      高南西縁 日中S
22日小● 曇り日中時々晴れ未明小雨                ×           27      高圧部 午後S
23日(●   曇り時々晴れ昼過ぎから(一時雨     ×           28      弱谷通過
24日小● 曇り日中時々晴れ未明小雨               ×           29      高西縁
25日        晴れ朝晩曇り                                         ×          32      高
26日小● 曇り日中時々晴れ朝晩小雨               ×           29      高西縁 日中S
27日        晴れ時々曇り                                         ×          33      高南西縁
28日        晴れ朝の内曇り                                     ☆          32      高南西縁
29日        晴れ時々曇り                                         ★          32      高南縁
30日        晴れ時々曇り                                         ☆          32      高南縁
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Wヒツ=西の風 非常に強い 20m/s、Nヤツ=北の風 やや強い 10m/s 、
            SE or W のみ = 風速 6m/s程度、数値 = 降雪量 )

※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。

NGC3027 おおぐま座 棒渦巻銀河 & 45年ぶり更新

今朝も晴れています。すっかり層雲は消えて見る影もありません。

さて・・昨日の最高気温 札幌では猛暑日、21年ぶりの記録だそう・・で

我が「岩見沢」は、ということで・・昨日の最高気温 34.7℃を調べてみました。

すると 1946年の統計開始からの記録第一位を更新していました。

祝第一位!ちなみに第 10位は一昨日記録した 34.0℃です。

これを 7月に絞ると、もちろん第一位が昨日の 34.7℃、第三位が一昨日の 34.0℃です。

そりゃ暑い訳だ。。昨日も水風呂 2回、首の周りに氷を巻いて、etc

そしてどうにか生き延びています。まぁ寝不足は仕方がない。。

でも北海道東部の内陸では 37℃以上を記録、90歳の女の方が屋外で倒れた状態で発見

2名の死亡が確認されました。。

暑いのは、一つの「気象災害」と唱える方がいます。

温暖化でより苛酷になり、出現率も増加、あの南極ですら 18℃まで上がる昨今

暑さに弱い私が生き延びるには、辛い時代に入って来たのでしょうか。。

涼しい位が丁度良い私・・サハリンか千島列島のどこか、ロシア様、夏の間だけ貸して!

f:id:nyancotan:20210720073505j:plain

 NGC3027 おおぐま座 棒渦巻銀河:SBc 12.0等 04月05日20時26分 ISO6400 30秒 15枚合成

昨日UPした NGC3065 などの北西側に少し離れて輝く銀河です。全体に淡く輝度も低目で、この一枚からは腕が取り巻く様子ははっきりとはわかりません。なんとなく・もしかすると。。位のイメージです。さて「ぐだぐだ」、オリンピックは開会を前に外国選手団の入国がピークを迎えています。選手村やホストの街で「バブル方式」と呼ばれる隔離方式がとられ外部との接触をなくし、コロナウィルスへの感染抑制を目指す方針・・でしたが、現実は買い物も外出も OK!~っとなっていて、外部との接触は無限に広がっています。まぁこんな事だろうとは想像していましたが、最悪です。。「安心安全」は、そこにはありません。あとは「運」に任せるだけ。。一体、どうなるのでしょうか?もしかすると・・緊急的に開催途中で外国の選手団が帰国する。なんて事もありそうです。閉会式まであと 3週間ほど、どんな未来が待っているのでしょう。選手の活躍はもちろん応援しますが、違う意味で興味津々です。

nyancotan 家の星空予想 07月19日発表

モデルは台風第 6号の進路は各国ほぼ同じ、次のものは 23日頃に小笠原付近で発生し、やや発達しながら列島を遠巻きに北上する(期末 根室南東沖のもの)。これは進路にややばらつきもあるが、凡そ同じ傾向を示している。丁度サーフィンの競技行われる頃には良い波が出来そう。本道付近に限ればどちらも直接の影響を受けない(期末以降は怪しいが)。期間中頃(23・24日)は、大気の状態が不安定 かつ 湿っていて 23日午後から雨が降りやすい状態になりそう。量的に極端に多くなるものではない。星空は再び皆無となった。

              天気                                         星空予想  最高気温   気象要因
19日        晴れ                                                            ×           34      低宗谷西 午後一時W
20日小● 曇り明け方まで小雨のち時々晴れ   ×           29      低宗谷西→高圧部 日中W
21日小● 曇り日中時々晴れ夜遅く小雨            ×           30      高圧部
22日小● 曇り時々晴れ朝晩小雨                          ×           27      高圧部&不安定 日中S
23日●    曇り時々晴れ昼過ぎから一時雨       ×           28      高西縁&不安定 日中S
24日●    曇り一時雨のち時々晴れ                     ×           28      低日本海北部&不安定
25日小● 晴れ朝晩曇り未明小雨                         ×           29      高西縁
26日小● 曇り明け方まで小雨のち時々晴れ   ×           27      高南西縁 日中S
27日        晴れ朝晩曇り                                          ×          30      高南西縁 午後W
28日        曇り昼前から時々晴れ                         ×          31      低三陸はるか沖 日中NW
29日        晴れ時々曇り                                          ×          32      低根室南東沖 日中NW
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Wヒツ=西の風 非常に強い 20m/s、Nヤツ=北の風 やや強い 10m/s 、
            SE or W のみ = 風速 6m/s程度、数値 = 降雪量 )

※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。

NGC3065 & 66 おおぐま座 & 怒快晴!

今朝は雲一つない快晴!気温は昨日よりも 1℃高いペースで上昇中!

昨日の最高気温 34.0℃、28度を超えるとオーバーヒートする私の頭は瀕死

氷を首に巻き、頭から水をかぶり、水風呂に二回入り。。あらゆる手を尽くします。

ということで夜になっても 28℃キープの状態で熟睡など出来るはずもなく

今日はどうなるのか不安です。

さて、余り目にすることはありませんが

既に海外メディアの日本への酷評が高まっています。

誘致の時に手話で話した「お・も・て・な・し」は、何所に??

感染対策の遅れている日本は、海外からみると「お粗末」。もう恥も外聞もありません。

なんと言われようが「やる」「やりきる」です。。小心者の私には到底出来ません。

恐らく尾身会長からみても「狂気の沙汰」、に思えているのでしょうね。

今週にはオリンピックが始まります。

感染者の出た「村」は、ある意味あの「ダイヤモンドプリンセス号」です。

さてどうなるのでしょう?

途中で中止せざろう得ない状況にだけは、ならない様に願うのみです。

f:id:nyancotan:20210719072039j:plain

NGC3066 おおぐま座 レンズ状銀河:SO 12.0等 04月05日20時14分 ISO6400 30秒 16枚合成

中央の明るい中心部を淡い円盤が取り巻いているのが NGC3066 、その左下に少し小さく見える NGC3065(棒渦巻銀河:SBbc 12.9等)があります。実は更に NGC天体がひとつ。。銀河らしきものは見当たりませんが・・先の二つの銀河を発見したウィリアムハーシェルが、もうひつつ追加しています。それは NGC3065 の右にある「ふたつの星」、これは後にダレストによっても認識されています。NGC3063 です。ぱっとみて星です。が、これが一つの天体として登録されています。でも、こちらに超新星が現れることはなさそうですね。

f:id:nyancotan:20210718190700j:plain

   夕景 07月18日19時07分 少しずつ日没のタイミングが早まってきました。

f:id:nyancotan:20210718064300j:plain

 7月18日朝の収穫 段々と色々なものが、周囲の田んぼでは稲に穂が出始めました。