nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

ちょうこくしつ座 銀河と球状星団 NGC253 他

今朝は晴れたり曇ったり、雨雲は周囲にもありますが上空を通る気配はありません。

ざっと予想資料と現実の雨雲を見比べて、今日 昼過ぎからは「雨」となりそうです。

平地で雪を降らせるものはありませんが

峠、特に道北やオホーツク海側では標高のそれ程高くない峠でも雪が混じりそう

週末、GOTOトラベルで旅をする方も多いでしょうし、冬タイヤでスピードは控えめに

その代わり、雪の帽子をかぶった山々と紅葉のコントラストに出会えます。

皆様、安全運転で!

f:id:nyancotan:20201030071156j:plain

NGC253 ちょうこくしつ座 棒渦巻銀河:SBc 7.1等 10月18日21時43分 ISO6400 30秒 x 25枚

f:id:nyancotan:20201030071414j:plain

NGC288 同 球状星団 8.1等 同日22時08分 ISO6400 30秒 25枚合成 MT160+れ(上も同様)

 南に低い天体は「おとめ座のスピカ(赤緯 マイナス11度)」が南限、それよりも南にあるものは、C14 での撮影は基本捨てています。実際には、それよりも低いものを撮ることも可能ですが、大気の影響を受けるために星が滲むように画像が悪くなってしまいます。なので南天に低いものは DOB GOTO12 or MT160 で写すことになります。南天の低い所にも大きく明るい銀河は多く、MT160 で写しても、それなりの姿になってくれるものが少なくありません。上の NGC253 もその代表のような存在です。すぐそばには、こちらも大きな球状星団があって手動で導入するにも、とても便利です。タイミングが良ければ「とも座」の NGC2451(散開星団)も色とりどりで大小の星がちりばめられていて写してみたい天体の一つです。雪の降る季節、シリウスが南中を過ぎる頃に・・。

f:id:nyancotan:20201029160900j:plain

 夕景 10月29日16時09分 10月も終わりますね。マイナンバーカード更新しなきゃ