nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

ベテルギウスが明るいらしい ATel #15240

今朝は小雪細雪といった方が良い表現かも

それも午前には止んで、日中は少し青空も覗きそう・・かな?

さて昨日は予定通り気温が急上昇!道内各地で落雪の犠牲になられらた方も。。

我が家も四方に面した屋根から、正月以来、溜まりに溜まった雪が轟音と共に落下!

家の四方に雪の巨大な山が出来上がりました。が・・・このままでは困る。

何故なら東側は玄関前を塞ぎ、北側は木戸口を塞ぎ

どうにもならない状況に陥ります。

なので人力と除雪機と農耕用トラクターを総動員して排除します。

特に玄関前(東側)は、事前に雪捨て場を確保・・それも昨日の午前の仕事

そこに午後落ちた雪山をトラクターで崩しつつ、雪捨て場へ移動させます。

まぁ、その前に木戸口を塞いでいる北側の雪山を崩しつつ除雪機でぶっ飛ばす!

作業時間 14時から 18時まで 4時間ほどで完了!作業員 = 当然、私一人

とりあえず、暗くなる頃には普通に生活が営める状況に復旧しました。

この冬、二回目の作業、もう二月も明日で終わり・・三月に入れば日差しが強くなる。

こんな作業は、この冬は二度としなくて良いと期待しています。で、また熱が出る~~

f:id:nyancotan:20220227074102j:plain

                     ベテルギウス ライトカーブ by AAVSO 2011.12.12~2022.02.26

今朝、The AstronomersTelegram をみていると ATel #15240 としてベテルギウスプロキオン並みに明るい!と報告が入っていました。直近の光度は 0.3 等だそうです。昨秋に深夜のベテルギウスを見た時、おぉ~今年のベテルギウスは「冬の大三角」をつくるに相応しい明るさだ!と感じましたが、さらに明るくなっている様です。2020年 2月の大きな光度の低下は、ベテルギウス自身が放出した物質が塵となって星を覆い減光したものと観測結果から報じられていましたが、その塵も綺麗に片付いた様です。この様な減光が再び起こるのは何時か?私の存命中なのか?少し興味があります。さて超大国の他国への戦闘行為は、ロシアを批判しているアメリカも過去に行っています。今回のロシアのウクライナへの侵略行為はウクライナNATO への加盟が、自身の存亡を揺るがす可能性を暗に示し、それにロシア(プーチン大統領)は恐怖を感じているのです。。が・・暴力で他人を自分の意のままにすることは、どんな状況下でも認められません。人には「知恵」があります。まだ自身の過ちを認めることは出来ます。ロシア国内の総意も戦争は望んでいません。自身の存亡のために、ここは我に返って欲しいものです。貴方はロシア国民の代表なのだから・・再び、輝かないと。。