nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

かんむり座 T 写してみました 5/14

今朝は晴れ、心地よい南風が吹いています。

今日も仕事日和、私はと言うとポンプが普通に動いてくれるようにチェック & サポート

例年だと、あと 10日もすると「田植え」が始まります。

いよいよ早苗の季節です。

さて「いよいよ」と云えば、タイトルの「かんむり座 T(反復新星)」が明るくなる頃

80年ぶりの現象に立ち会える幸運、先日のオーロラも数十年ぶり現象レベル

昨今、異常気象も毎年のように起こり

定義の「30年に一度起こる程度の現象」から逸脱傾向が顕著、何が起こるか??な未来

と云う事で、現象が起こるはずなら、まず普段の状態を知らねば・・

  かんむり座 05月14日21時12分 ISO12800 2.5秒 10枚合成 135mm F5.6 固定撮影

縦横白線の交点にある星が「かんむり座 T 」近い未来 2等星になるかも?と・・

かんむり座 T 領域 画像の中心から外れた場所にあるので形が歪んでいます。数値は星の明るさ

これによると昨夜の明るさは 10等ほど、極端な増光傾向は示していません・・まぁ普通

最近のこの星の明るさの変化はこちら・・

    かんむり座 T ライトカーブ(ほぼ一年間)~5/14 by AAVSO HP より

もともとゆっくりと光度変化を繰り返しています。おそらく白色矮星と近接する星の公転による変化でしょうか

これが白色矮星の周囲にある降着円盤に降り注ぐ物質が、ある限界を超えると爆発現象を起こし、それに伴う光度変化がみられる。はずです・・。

爆発現象を繰り返す周期は 80年と云われています。それが「今年 2024 年」

何時、その現象に伴う「光」が届くのか?

地球には自転に伴う「昼」と「夜」があります。タイミング次第では日本の昼に、その光が届くかも知れません。運が良ければ、みるみる明るくなる瞬間に出会えるかも知れません。。

天は何時微笑むのか?人知を超えた処に答えはあります。