nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

nyancotan 家の星空予想 01月19日発表

モデルは安定しているものの、期末は不安定で日替わり状態。20日通過する低気圧は安定して本道南岸を通過、極端な発達はないが、太平洋側では大雪、JRや航空機の運航に影響がでるみこみ。着雪もあり送電網への影響も捨てきれない。23日は変わらず雨の予想、ただし夜には雪に変わるほど寒気の流入が目立つ。しばらくは除雪の日々となる。星空は期末に ☆ が並ぶが、日替わりなので・・。

日付     天気              星空予想  最高気温    気象要因
19日*     晴れ時々曇り夜遅く雪              ×                    2       高→低接近 3cm
20日*     雪午後時々曇り                          ×                    2       低南岸通過 湿15~20cm
21日*     雪午前時々晴れ                         ×                 -2       NW 10~15cm
22日*     曇り時々晴れ朝の内一時雪      ×                    1       NW→SW 3~5cm
23日●* 曇り時々雨夜雪混じる              ×                    6       谷通過 0cm
24日*     曇り時々雪日中吹雪                 ×                  -4       NW 10~15cm
25日*     曇り昼過ぎまで時々雪               ×                  -3       NW→W 5~10cm
26日*     曇り朝の内雪のち晴れ              ☆                  -3       NNW→NE 3~5cm
27日(*    晴れ時々曇り夕方(雪                ☆                    2       N 0~2cm
28日         晴れ時々曇り                            ★                    4       N→高
29日         晴れ午後時々曇り                     ☆                    4       高通過
★説明★
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
             ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Nツ=北の風強い、数値は降雪量など )
※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。
ちなみに・・nyancotan 家は、岩見沢市の片隅にあります。

強行しましたが凶行に終わる NGC1156

今朝は薄曇り、下弦を過ぎた月が霞んでみえていました。

そして昨夜は・・悲しいかな予想が当たり、金星も霞む薄曇り(厚め)。

そんな中で一等星の一つしかないオリオンをみつつ、スキー場のナトリウムをみつつ

撮影を強行しました。結果は、もちろん残念な状況です。

f:id:nyancotan:20200119074043j:plain

 NGC1156 おひつじ座 不規則銀河:Irr 11.7等 01月18日18時39分 ISO6400 30秒 21枚合成

f:id:nyancotan:20200119074234j:plain

        同 ピクセル等倍を50%縮小、反転・強調処理

f:id:nyancotan:20200119074348j:plain

       同 2019年10月01日23時18分 撮影 ISO6400 30秒 18枚合成

この銀河を撮影したのは・・こんな理由

AT2020uq, TNS discovered 2020/01/13.535 by Toshihide Noguchi
Found in NGC 1156 at R.A. = 02h59m40s.160, Decl. = +25°14'01".90
Located 0".0 east and 0".0 north of the center of NGC 1156
Mag 17.1:1/13, Type MP (= MP 8048)   野口さんが発見した Type MP を

ところが・・一番下の昨年写したものと比較して歴然、暗いものが何一つ写っていません。反転して確認できそうなのが「17.0等」ぎりぎり、発見された場所は銀河と重なる場所、しかも案外と明るい部分に。。結局、写ることと写せることは違う結果に・・ただの凶行に終わりました。残念。いつか写せる日が来ると信じて・・待機!

f:id:nyancotan:20200118161600j:plain

    夕景 01月18日16時16分 ・・日没の頃までは、こんな調子なのに。。

nyancotan 家の星空予想 01月18日発表

期末をのぞきモデルは安定。20日に通過する低気圧は本道南岸をゆっくりと東進、影響を受ける時間が長くなり湿り雪で 20cmに達しそう。特に太平洋側では大雪の恐れが高い。23日に通過する谷は南から暖気を入れて雨の予想、その後に入る寒気は季節らしいもの、昨日と同じく風が北系で我が家よりも西の地域やオホーツク海側が大雪の中心。風も吹くので吹雪模様。星空は、その寒気が緩むころに ☆ が並ぶけど・・。

日付     天気              星空予想  最高気温    気象要因
18日         晴れ時々曇り                               ☆                   0        NW→高
19日(*    晴れ時々曇り夜遅く(雪             ×                    2       高→低接近 0~2cm
20日*     雪午後時々曇り                          ×                    2       低南岸通過 湿15~20cm
21日*     雪午前時々晴れ                          ×                 -1       NW 10~15cm
22日*     晴れ朝晩雪                                 ×                     1       NW→SW 3~5cm
23日●* 曇り時々雨初め雪混じる           ×                     6       弱谷通過 0cm
24日*     晴れ夕方から雪で吹雪               ×                  -0       W→NW 5~10cm
25日*     曇り時々雪                                  ×                  -6       NW→NNW 10~15cm
26日*     晴れ朝の内雪                              ☆                  -5       NNW→NE 3~5cm
27日         晴れ時々曇り                             ★                    2       NE→高
28日*     晴れのち曇り夜雪                      ☆                    5       高→低接近 湿3~5cm
★説明★
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
             ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Nツ=北の風強い、数値は降雪量など )
※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。
ちなみに・・nyancotan 家は、岩見沢市の片隅にあります。

NGC3222 しし座 レンズ状銀河 & 晴れぬ

今は雲ひとつない青空!

ですが、衛星画像をみると・・丁度、暗くなるころに上空へ入る雲が日本海に。。

昨夜は、予想通りの雪雲流入。ふわっと 5cm の雪を降らせました。

どうにも周期があいませんね~、これで昼と夜が逆転していれば、まぁ叶わぬ夢です。

天気ひとつとっても贅沢なことです。

阪神・淡路で亡くなった 6000名余りの方のことを思えば、生きているだけでも贅沢

止まぬ雨はないなら、晴れぬ夜もない、いつかは満点の星空の下へ

f:id:nyancotan:20200118113934j:plain

 NGC3222 しし座 レンズ状銀河:SO 12.8等 03月02日21時45分 ISO6400 30秒 13枚合成

中央の小さな銀河が NGC3222 、そして銀河が沢山浮かぶ星座なので、その左・・画の左端に NGC3226 & NGC3227 が写りこんでいます。こちらは Arp94 として合体中の銀河とされています。私たちが暮らす銀河系は、単独の渦として宇宙に浮かんでいますが、その周囲には伴う銀河が幾つも浮かんでいます。はてはアンドロメダ銀河 M31 と衝突する未来を持っています。銀河系の中心には巨大なブラックホールがあるとわかっていますが、アンドロメダにも同様の構造があるなら、衝突するコースによってはブラックホールの衝突にもつながるのでしょうか?まぁ巨大といっても力の及ぶ範囲は限られた範囲でしょうから、そのものが相互作用をするかは、ほぼ皆無に等しいのでしょうか?。生まれ変われるものなら、その衝突している時代に次は生まれてみたいですね。。

f:id:nyancotan:20200117160700j:plain

 夕景 01月17日16時07分・・なんと 30分後には St(層雲)曇りに。。びっくり!

f:id:nyancotan:20200118081200j:plain

   朝景・・除雪が終わりほっとしていると霧が発生!こちらもびっくり