nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

続、太陽系 2016 M1 PANSTARRS 彗星 ほか

昨夜は・・・ボワッとね。霧でございます。

暗くなって、風も収まって、さぁ!これから。。という時に・・南西の低空に怪しい影

予想資料では、現れたり消えたり。上空の風をみると可能性あり。で

結局、21時前には真っ白。。

地平線から姿を現した木星も、ほかの一等星も霧の彼方へ消えてしまいました。

そんな翌朝は、また快晴!!さて、今夜はどんな夜空?

f:id:nyancotan:20180419075006j:plain

 C/2016 M1 PANSTARRS(パンスターズ)彗星 04月17日03時22分 ISO6400 30秒 14枚合成

ようやく薄明の影響が小さな一枚を撮ることができました。彗星核基準で合成しているので、わずかに周囲の星が伸びています。さて彗星・・尾は伸びている様ですが、彗星の向こう側へ伸びているので、本体と重なっていて微妙な姿です。まぁ、とりあえず明るいです。光度は 11.1等としましたが、Heavens-above のHPに載っている最新のデータでは 4/16 10.5等とありますので、私の見積もりよりも明るいようです。周期 13万年、近日点通過は 8月10日。日本では 6月までは観測できますが、この頃は、いて座から更に天球上を南へ足早に・・。そして近日点距離は、遥か火星軌道の外。。日本からなら 6月10日頃が月光の影響もなく、南斗六星のひしゃく辺りで輝く姿が見頃に。どうにか 135mm位のレンズでも写る姿になるかも?あと 2ヶ月後が楽しみ ♪ ♪

f:id:nyancotan:20180418184859j:plain

    月と宵の明星 04月18日18時49分 54mm相当 ISO400 F11 1/2秒 合成なし

で、どんな背景に浮かんでいるか?というと・・

f:id:nyancotan:20180418192210j:plain

      おうし座のそばに  同日19時22分 ISO200 F4.5 20秒 固定

おうし座の二つの星団のそばに輝いておりました。

4月17日 惑星と細い月 & 散在流星

昨夜は晴れてくれたのですが、午後から次第に風が強まり風速 8 m/sの強風。。

外にセットした MT160 & TS90型赤道儀が、風で倒れないか心配するほど

急遽、風が弱まる未明まで、3本のペットボトルに水を入れた簡易おもりを三脚に。

未明・・風は止まぬ。。結局、朝を迎えてしまいました。

さぁ、今夜、もう一度トライします。

f:id:nyancotan:20180417191151j:plain

   月(月齢 1.3日) 04月17日18時42分 132mm相当 F11 ISO200 1/3秒 固定

f:id:nyancotan:20180418064500j:plain

             木星 04月17日01時19分 Gain16 50fps 1/50秒 500コマ合成 by NexImage5

f:id:nyancotan:20180418064645j:plain

   火星 同04時23分 Gain10 50fps 1/65秒 400コマ合成 機材同上 中央点 火星面経度 219°

f:id:nyancotan:20180418064916j:plain

      土星 同04時02分 Gain30 30fps 1/30秒 400コマ合成 機材同上

一昨日の夜、風吹く中で車を風除けにしながら MT160 にコレクターをつけて焦点距離 1330mm で写した惑星たちです。今一なものばかりですが、全てピクセル等倍で掲示しているので、現在の見かけの大きさがわかる様になっています。火星は、だんだんと大きくなってきていて模様がはっきりと写るようになりました。撮影時の高度は 23度と低いですが、地球に大接近する 7月31日は、更に 2度ほど高度が下がるので大きな期待は持てません。そして夕方の細い月。本来なら金星と一緒に、なのでしょうが・・写してみたものの、画角が広くなりどちらも小さく探さないと・・なのでパスしました。きっと、今日夕方の方が良いイメージだと思います。さて、風の強い夜が続いていますが、一昨日の夜から(流星は中央下に微か)

f:id:nyancotan:20180417021205j:plain

 こと座流星群ではありません。04月17日02時12分 28mm相当 ISO12800 10秒 合成なし

超新星、その後 Ⅲ・・見出す in NGC3941

予定通り、快晴の朝を迎えています。

活動開始は、午前 0時過ぎ・・玄関を開けて眼前に広がる星空!!

やったー!!なのですが。。風が吹いていましたな~。この時点で C14 も GOTO12 も

運用は厳しい状況。ですが、救世主 MT160 on TS90型赤道儀が、あるんですね。

こんな事もあろうかと、夕方にセットして置きました。

と言っても、自動導入機能がある訳ではないので、昨夜は惑星の動画撮影に徹しました。

ただ、流石に風で揺れる筒、しかも大気の状態も微妙・・かなり期待薄です。

f:id:nyancotan:20180417062258j:plain

NGC3941 おおぐま座 レンズ状銀河:SO 11.0等 04月13日23時18分 ISO6400 20秒 11枚合成

f:id:nyancotan:20180417062552j:plain

   SN 2018pv in NGC3941 反転・強調、ピクセル等倍を50%縮小 トリミング処理

広島県にお住まいの坪井さんが発見された超新星です。2月3日に発見されてから、既に 2ヶ月余り経っています。が、ちゃんと輝きを捉えることができました。銀河の中心部に近い位置に見えているため、オリジナルを一見すると???ですが、反転して処理をすれば誰にでも存在を示すことができます。実は、オリジナルの画像でも、露出時間を短くすると。中心部の光芒とは別に、キラリと輝いているのがわかります。むしろ、露出を長くして飽和させてしまうと、周りの明るさに埋没して消えてしまう。消える魔球の様な存在でしょうか。。この夜は、もう一つ超新星を撮ろうと考えていましたが、雲に負けてしまいました。また何時か。。

f:id:nyancotan:20180417064639j:plain

   夏の大三角?へんな構図ですね 04月17日02時44分 18mm F3.5 ISO12800 10秒 20枚

f:id:nyancotan:20180416181200j:plain

              夕景 04月16日18時12分