nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

月夜の天体写真は・・やはり。。M42 51 63

今朝は気圧の谷、通過に伴うまとまった雪雲が西海上から流入中。。

ですが、レーダーで見るほどの雪が落ちてきません。

さて・・今夜は、スキー場の照明が落ちる 21時、晴れそうな・晴れなさそうな。

晴れてくれれば、地震後の稼動テストを兼ねて新しく発見されている超新星を幾つか

岩本彗星も含めて、月光に邪魔されずに、その姿を写してみようと思います。

ただ・・やはり来ました PM2.5 、見るからに上空(地表へも?)へ。。

それにしてもお粗末、地下3キロへ封入する二酸化炭素

地下30キロにある断層へ影響を及ぼしている。と豪語する哀れな方

そんなに簡単に人間が自然を操作できるなら苦労しないでしょ。。

f:id:nyancotan:20190223073940j:plain

 M42 オリオン座 散光星雲 02月18日22時37分 ISO800 20秒 24枚合成 MT160+レデューサー

f:id:nyancotan:20190223074128j:plain

 M51 りょうけん座 銀河:Galaxy 8.4等 同日23時00分 ISO800 20秒 53枚合成 機材同上

f:id:nyancotan:20190223074427j:plain

 M63 りょうけん座 渦巻銀河:Sbc 8.6等 同日23時24分 ISO800 20秒 54枚合成 機材同上

M51に 2月20日に発見された星は、16.6等から 16.1等に明るくなっているらしい。私の機材でも楽勝で写るはず。でも先日写した MT160 での画像からは、どうみても検出できる状況にない。大が小を兼ねても、小が大を上回ることのない典型か。。この写真から、もし検出できる明るさなら・・世界中をニュースが飛び回ってるだろうに。おっ雪が強まってきた、除雪だな。。

f:id:nyancotan:20190222164800j:plain

  夕景 02月22日16時48分・・随分と太陽の日差しが弱弱しく & 赤い夕日でした。

はやぶさ2 2月22日 リュウグウに猫パンチ!!

今、はやぶさ2 のライブ中継をみていましたが、管制室で拍手が起こったので

おそらく予定通りの着陸などが成功した。そう感じました。

関係者の皆様、おめでとうございます。

あとは、無事にリュウグウの欠片を持ち帰れば、人類史上初の偉業達成です。

先回は電子顕微鏡でみるサイズでしたが、今回は「アポロ:月の石」的なインパク

日本国内で巡回展示会もあるかもしれませんね。

北海道にも来るなら見にいっちゃおう!!でも・・少し待たないと。。

三億キロは遠い、三味線片手に「帰ってこ~いよー」てか

で・・・昨夜、大きな地震がきました、緊急地震速報も。。

今のところ人的被害は報道されていないので一安心も、忘れた頃にやってくる典型

一応、望遠鏡の駆動テストをやろうと思います。

f:id:nyancotan:20190222081951j:plain

 M01 かに座 超新星残骸 02月18日22時14分 ISO800 15秒 54枚合成 MT160+レデューサー

f:id:nyancotan:20190222082517j:plain

  M03 りょうけん座 球状星団 02月19日00時11分 ISO800 20秒 47枚合成 機材同上 

f:id:nyancotan:20190222082847j:plain

 NGC5466 うしかい座 球状星団 02月19日00時49分 ISO800 20秒 38枚合成 機材同上

月夜(ほぼ満月)に写した天体です。ぱっと見・・望遠鏡を使って肉眼でみた印象に近いかもしれません。カブリのある方向に月が居ます。抑えても、どうしようもないほど明るい空なので仕方がありません。久々の星空に、嬉しくて外に出ましたが・・やはり月夜は辛いですね。。辛いと云えば、もうひとつ

f:id:nyancotan:20190222083449j:plain

    気象庁HPより ひまわり画像(高頻度 可視画像)02月21日08時45分

f:id:nyancotan:20190222083701j:plain

        NHK HP より PM2.5拡散予想 02月21日09時予想図

衛星画像で沿海州から、微妙に拡がる薄い雲のような霞・・今年も春が近づいて、大陸から流れてくる季節が始まった様です。大気汚染物質・・どうにかしてよ!!お願い!

満月の夜に・・初 シリウスb & 岩本彗星

昨夜の月の出は・・18時30分。と記憶して、薄明が残る空で岩本彗星を撮影する。

と明るい内から準備を始め、薄明が次第に終わり・・月が出る前までギリギリで。。

今日もスキー場が明るいな~、なんて見ていたら

あれっ?新しいスキー場出来たのかな??えっ、月じゃん!!

何を勘違いしたのか、月の出る時刻を間違って覚えてしまい。。どんどん明るくなる~

結局、前夜と同じ月夜の彗星になってしまいました。ふ~

ま、時は戻らないので・・なかなか成功しないシリウス b に挑戦しました。

f:id:nyancotan:20190221072615j:plain

シリウスおおいぬ座 α星)& 伴星 8.4等 02月20日19時16分 C14+レデューサー + x2.5パワーメイト

これまで試行錯誤を重ねても、上手くその姿を現さなかった伴星でしたが・・なぜか昨夜はあっさりとモニター上に小さな輝きを見つけることが出来ました。元々、南の空は本州に比べて 10度位高度が低くなるので、大気の影響を大きく受けるのは承知なのですが、近隣の札幌市内から撮影に成功している方もいるので写らないはずはない!と。。NexImage5 の露出とゲインをこねくり回し、あっ見える!!案外しっかりと・・。で初の撮影に成功しました。目で空をみると・・気持ちの問題かもしれませんが、何時もより「またたき」が少ない感じがしました。もしかすると大気の状態が真冬に比べ、良かったのかもしれません。さて・・そんな月夜の彗星です。

f:id:nyancotan:20190221073446j:plain

  2018Y1 岩本彗星 同日18時12分 ISO6400 20秒 20枚彗星核基準合成 C14+レデューサー

尾?の広がりがわかる一枚になりましたが、前夜と同じ「月夜の彗星」の姿です。これでも、撮影のテスト中にセンサーについたゴミをカメラのセンサークリニング機能とブロアーで取り除き・・、よしゴミ処理成功!なんて。。それにしても何時もながら、こちらの思う通りには事は運びません。でも、自動導入で彗星がフレームに入ったので、気持ちはスッキリ!また次がんばろう。

f:id:nyancotan:20190220170800j:plain

  夕景 02月20日17時05分 ・・いよいよ猫の日に「はやぶさ2」リュウグウ