nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

nyancotan 家の星空予想 09月30日発表

モデルは凡そ安定している。目先、三陸沖を北東に進む低気圧はあるが、若干昨日よりも東へ指向している。3日以降は、谷などが短い周期で通過し雨を降らせる日が多い。上空の寒気は、昨日の予想よりも長続きせず期末にかけて昇温する。星空は期末に ☆ ひとつ。9月が終わった & 10月も上旬が過ぎる。10日の市民観望会は厳しいかな・・。

日付            天気                              星空予想  最高気温   気象要因
30日        曇り時々晴れ                                       ×              21          低三陸沖北東進
01日(●   曇り日が差す夜(雨明け方霧            ×              20          谷場
02日        曇り日が差す                                       ×              20          谷場
03日●    曇り日中一時雨                                   ×              19          高後面→谷通過 S→弱
04日●    曇り日が差す夜遅く雨                      ×              18          高圧部→谷&不安定 →SE
05日●    曇り時々晴れ明け方まで一時雨     ×              16          谷通過→谷接近 日中W
06日(●   曇り時々晴れ昼前(一時雨                 ×              15          弱谷通過 日中W
07日●    曇り昼過ぎから一時雨                      ×              13          弱谷通過 日中W
08日●    曇り日中一時雨                                   ×              12          WNW→高 日中W
09日        晴れ昼頃から曇り                              ☆              16          高→谷北部
10日(●   曇り時々晴れ夕方から(一時雨        ×              19          高後面→谷通過 S
★説明★
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Nヤツ=北の風 10m/s やや強い、SE or W のみ = 風速 6m/s程度 )
※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。
ちなみに・・nyancotan 家は、岩見沢市の片隅にあります。

WD 1856+534 b 写りません & NGC772 も

今朝は薄曇りと曇りの中間、日差しはあります。

好天に恵まれるのも今日と明日だけ(私の予定表では)。

明日からは 10月、今年も残すところ 3か月・・早いですね~時の経つのが

菅首相になって、取り巻きが動き出し、目立つところでは河野君の

「脱ハンコ」でしょうか・・私が勤めていたころは職場の出勤簿は自分で押印が原則

ハンコ処理をなくすと、どんな形になるのでしょうか?

民間では、そもそも「出勤簿」自体がない会社もありそうですけど

確かに今の時代「ハンコ」がどうしても必要か?と問われれば???です。

あとは契約時の書面への「割り印」、そもそも書面が電子媒体なら方法が違いますね

信用・信頼の証で「ハンコ」があったなら、それに代わるものは ID と パスワード?

なんか賢い人が、知らぬ間に国民全ての管理しちゃいそうですね。

どこかで聞いたような・・お~世界の中心を叫ぶ国だ!やはり、その方向か。。

マイナンバー制度も、誰かが国民を一括して管理しようとする思惑が見え隠れします。

f:id:nyancotan:20200930075033j:plain

WD 1856+534 りゅう座 白色矮星 09月28日20時21分 ISO6400 30秒 16枚合成 C14+レデューサー

f:id:nyancotan:20200930075151j:plain

    同 ピクセル等倍でトリミング(上はオリジナル領域を25% に縮小)

17等級の白色矮星木星の 14倍ほどの惑星?が見つかった星を写してみました。もちろん惑星自体は写りません。発見は惑星が主星の前を横切る際におこす明るさの変化を捉えたもの(トランジット法)。光度の変化幅は 0.7等級ほどで、その時間は約 8分と言われています。かといって地球人が住める環境ではなく、この星自体が想像されていなかった環境でみつかったことに驚きがあります。普通だと主星(白色矮星)が誕生する過程で、元の星が惑星系をもっていたとしても、全て無くなってしまうだろうと考えられていたから。。どうして無いはずのものが、そこにあるのか?世界が注目した訳です。どうやら元々は主星からとても遠いところに存在していたものが、運良く残り、白色矮星となってしまった主星のそばに近づき、今に至る・・と、すると合理的に解釈できるそうです。まだまだ宇宙には人類の知らないものが沢山あるようです。ある意味、時の経つのが楽しみです。

f:id:nyancotan:20200930080421j:plain

 NGC772 おひつじ座 渦巻銀河:Sb 10.3等 09月29日03時09分 ISO6400 30秒 20枚合成

f:id:nyancotan:20200930080633j:plain

       同 反転強調、オリジナルを 50%に縮小してトリミング

こちらは山形県にお住いの板垣さんが報じた(9/25)超新星候補 or 変光星?が出現した NGC772 を撮影してみました。が、私が撮影したタイミングでは、残念ながら、その天体に相当する位置には輝きはありませんでした。板垣さん自身も「?」マークを付けられていましたが、正体は何だったのでしょうね。人の目には見えない世界は、不思議だらけです。

f:id:nyancotan:20200929171100j:plain

    夕景 09月29日17時11分 上空を薄雲に覆われ、月は霞んでいました。

nyancotan 家の星空予想 09月29日発表

モデルは目先、三陸沖を北上する低気圧が一昨日の予想に近づき本道東部を中心に影響を受ける形に戻った。3日以降は、これまで同様に短い周期で谷や寒気が通り、量的には多くはならないが雨の降る日が多い。期末にかけては昨日同様、上空の寒気が一段強まり、標高1000mクラスでも雪が混じる。手稲山の初冠雪は「7日」かな・・。星空は次は期末に ☆ ひとつ、満月を過ぎて下弦の頃。

日付            天気                            星空予想  最高気温   気象要因
29日        晴れ夜曇り                                           ☆             22          南高北低 日中S
30日        曇り日が差す明け方霧                     ×              20          低三陸沖北東進 →N
01日        曇り日中時々晴れ明け方霧            ×              21          谷場
02日        晴れ時々曇り明け方霧                     ×              20          高圧部→谷接近
03日●    雨昼前から晴れ時々曇り                ×              19          谷通過 S→W
04日●    晴れのち曇り夕方から時々雨        ×              19          高圧部→谷&不安定
05日●    雨昼前から曇り時々晴れ                ×              16          谷通過→谷接近 日中W
06日●    晴れのち曇り時々雨                         ×              14          谷通過 S→NW
07日●    曇り昼過ぎから一時雨                     ×              12          谷通過 日中W
08日●    曇り昼前から時々雨                         ×              12          弱谷通過 日中W
09日(●   曇り時々晴れ昼過ぎ(一時雨           ☆             14          NW&弱谷通過 日中W
★説明★
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Nヤツ=北の風 10m/s やや強い、SE or W のみ = 風速 6m/s程度 )
※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。
ちなみに・・nyancotan 家は、岩見沢市の片隅にあります。

夜明けは賑やか ベテルギウス & 月 9/29

今朝は久々の快晴!雲一つない空です。

結局、霧は出ず明るくなるまで撮影続行!ま、中休みがありましたが・・。

本当に久々の夜明けを迎えましたが、未明の空は賑やかです。

西に傾く火星、地平線から昇る金星、その間に冬のダイヤモンド。

魚眼レンズで撮りたい一枚です。

で・・暗く、明るく?オリオン座 α 星 ベテルギウスですが

昨夜はプロキオンより暗く、アルデバランより明るく、もちろんオリオン座 γ星よりも

ざっと見積もって「0.6 等」位と感じました。そのベテルギウスのライトカーブ

f:id:nyancotan:20200929081933j:plain

  ベテルギウス ライトカーブ by AAVSO HP 09月29日朝取得 2018年9月30日~昨日

9月中頃には、0.4等に戻ると言われていましたが微妙な感じです。未明の 0.6等も、このグラフからいくと妥当な線かもしれません。右肩上がりに動いている雰囲気がないので、また不用意に変化をみせるのかもしれませんね。ワクワクします。段々と誰もがみる季節、また話題に昇るかも・・。

f:id:nyancotan:20200929082526j:plain

    月 09月28日21時29分 ISO400 1/640秒 南北2枚比較明合成 C14+レデューサー

そんな夜空を明るく照らしていた月です。撮影するものとしては我慢の限度に近い明るさです。撮影するコマは「青空」、まるで昼間の空を撮影している調子です。まぁ銀河が写らなくても星が写れば、用は足りるので我慢のしどころ。。そして夜明けの東の空には明けの明星(金星)、獅子の大鎌の手元に輝いていました。アストロアーツによると、このあと獅子座の一等星レグルスに接近するようです。そんな一枚

f:id:nyancotan:20200929083121j:plain

 明けの明星と獅子の大鎌 09月29日04時29分 18mm F4.5 ISO400 8秒 21枚比較明合成

薄明が進みすぎて、金星だけが目立つ一枚になってしまいました。うまくいきませんね~。昨夜はほぼ晴れ、ひと頃雲が広がり万事休すかと思いましたが、長居せず助かりました。でも月が明るいのは厳しいです・・。

f:id:nyancotan:20200928171400j:plain

     夕景 09月28日17時14分 時雨は降らず、早々に晴れてくれました。