nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

nyancotan 家の星空予想 01月26日発表

モデルは昨日と大きな違いはないが、29日に東北北部を東進する低気圧は、ややコースが北上した。この低気圧は複数あって 30日に本道から離れる低気圧の後面で風が強まる。北~北西風系で我が家は「猛吹雪」といっても地吹雪の時間が長い予想。先日、長沼で多重事故や路外転落した状況に近く、平坦な場所では警戒が必要。その後は上空に強い寒気が流入し、我が家で雪が降りやすい状態が続く = 大雪のセンスあり。星空は皆無となった。

              天気                                    星空予想  最高気温   気象要因
26日       曇り                                                           ×          0        北高→谷接近 夜SE
27日●*雨朝から曇り夜一時雪で吹雪            ×          6        谷通過→W SE→W初ヤツ 5cm
28日*   曇り明け方まで雪のち時々晴れ       ×         -5        W→低接近 W→弱 5cm
29日*   雪昼頃から時々雪で吹雪く               ×         -1        低南岸通過 E日中ヤツ 10~15cm
30日*   雪時々晴れ夕方まで猛吹雪               ×         -2        低→NNW NWヤツ 10~15cm
31日*   雪時々晴れ朝夕吹雪                            ×         -2        谷通過 →W 10~15cm
01日*   雪で吹雪昼頃から晴れ時々曇り       ×         -5        NW→谷 W→弱 10~15cm
02日*   雪時々晴れ                                             ×         -6        谷→WNW 日中W 10~15cm
03日*   雪日中時々吹雪                                     ×         -8        WNW →W 20~25cm
04日*   雪で吹雪午前時々晴れ                        ×         -9        W→WNW W→弱 15~20cm
05日*   曇り時々晴れ朝晩雪                            ×         -5        WNW→低接近 5~10cm  
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Wヒツ=西の風 非常に強い 20m/s、Nヤツ=北の風 やや強い 10m/s 、
            SE or W のみ = 風速 6m/s程度、数値 = 降雪量 )

※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。 

SN2020abgq in NGC4454 おとめ座 時の彼方へ

今朝・・夜明けは晴れて風も弱かったのですが、ここに来て、どよよ~んと曇り空

天気は下り坂、明日は久々に雨も降りそうです。ただ風が強い

晴れると予想された今朝、月が傾いてから撮影・・と思っていたら

思いのほか風が強い、北東の風 5m/s !!これでは外に置いてある MT160 が倒壊

慌てて午前 2時過ぎに外へ、すると岩見沢アメダスとはかけ離れて微風

でも怪しいので、さっさと小屋に仕舞うことにしました。で就寝(いわゆる二度寝

案の定、起きたら午前 5時でした。あちゃ~~

結局、薄雲も広がっていたので撮影が出来たのかは不明。

そんな夜明けでした。

f:id:nyancotan:20210126072052j:plain

NGC4454 おとめ座 レンズ状銀河:SO-a 12.1等 01月24日04時04分 ISO6400 30秒 17枚合成

f:id:nyancotan:20210126072258j:plain

                              同 反転強調・オリジナルを 50%縮小してトリミング

昨年 11月30日に山形県にお住いの板垣公一さんが発見された超新星 SN2020abgq 16.3等でしたが・・やっと手が届いたと思ったら、その輝きは銀河の中に埋もれて認めることが出来ませんでした。発見から既に 2か月弱の月日が経っているので、暗くなってしまった様です。最近でも「さんかく座」や「おおぐま座」の NGC天体に超新星候補が次々と発見されています。いつかは巡りあえると信じて、また晴れる夜を待ちますか。。

f:id:nyancotan:20210125161900j:plain

        夕景 01月25日16時19分 昨夕は太陽も雲の彼方へ

nyancotan 家の星空予想 01月25日発表

モデルは日替わりで、一昨日の予想に戻った感じ。はっきりとした谷や低気圧が通るのは 27日・29日・31日の三度。短い周期で谷が通ることもあり、期末まで極端に強い寒気の流入はなくなった。崩れはあるものの我が家では、まぁ普通の冬・・。星空は今夜のみ。。アルテミスはオリオンのそばに・・。

              天気                                    星空予想  最高気温   気象要因
25日       晴れ日中時々曇り                                 ☆          1        高圧部→北高
26日       曇り午前日が差す                                 ×          3        北高→谷接近 夜SE
27日●*曇り昼頃まで雨か雪一時吹雪            ×          6        谷通過→W SE→W 3cm
28日*   曇り朝の内雪のち日が差す               ×         -4        W→高圧部 W→弱 5cm
29日*   雪昼前から時々雪で吹雪く               ×         -1        低東北通過 E→NE 5~10cm
30日*   雪時々曇りで吹雪                                ×         -3        低→NNW N→NW 10~15cm
31日*   曇り夕方まで時々雪(吹雪                  ×         -2        NW→谷接近 初W 10~15cm
01日*   雪昼前から時々晴れ                            ×         -0        弱谷→WNW 日中W 5~10cm
02日●*曇り昼頃から雪のち雨                        ×          5        高圧部→谷 湿3cm
03日*   雪時々晴れで吹雪                                ×         -2        谷→WNW →W 10~15cm
04日*   雪で吹雪午前時々晴れ                        ×         -9        W W→SW 10~15cm
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Wヒツ=西の風 非常に強い 20m/s、Nヤツ=北の風 やや強い 10m/s 、
            SE or W のみ = 風速 6m/s程度、数値 = 降雪量 )

※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。 

用意周到 V1112 Per 撮り直し 1/24 宵 & 水星

今朝は晴れたり曇ったり、気温も昨日に比べるとずっと暖かい。

と言っても氷点下 10℃です。

さて・・米国で新政権が発足し、国際的に動きが出てきました。

共産圏の強権的な姿勢です。

一つは中国の対 台湾防空識別圏への中国軍機の飛来、そしてロシアの民主化運動家拘束

それに伴う解放運動参加者 3500名以上の大量拘束です。

世界の潮流が潮目を迎えたと感じた共産圏が、危機感を露わにしている証拠です。

そんな中で核兵器禁止条約が発効しました。

ただ日本は微妙な立場、その共産圏から「アメリカの核の傘に守られている」と

1960年代ならば「そうかもね」、ですが直近の共産圏の行動をみると必ずしも否定も

私が知る限り・・今、地球上で唯一「国土の拡大」を目指している国が中国です。

特に資本主義勢力との境界「台湾・南シナ海」は、あらゆる理由で手放したくない領域

米国が強硬的な態度に出る前に「楔を打つ」、今、そこに全力を注いでいます。

本邦でいうところの海上保安庁版、中国海警局の艦船は、ほぼ軍艦の域

法改正もされ、「外国船が中国の管轄する海域で違法に活動し、停船命令に従わない場合は武器を使う」とされました。

これでは「尖閣諸島は私のもの」と主張している中国の艦船を排除しようとすると

本邦の海上保安庁の艦船は攻撃を受けかねません。

コロナばかりに気をとられていては「本懐を失することになりかねない」

米国 新政権の発足は、色々な意味で本邦も行動を改める必要に迫られています。

国会・・「つまらぬことばかりで上げ足を取る野党」、もっと勉強してね。

f:id:nyancotan:20210125074032j:plain

 V1112 Per 01月24日18時15分 ISO3200 20秒 17枚合成 C14+レデューサー (比較 1/6 同縮尺)

昨日UPした一枚が、余りにも酷いので・・撮り直しました。月がそばにいて、暗い星には限界がありましたが、肝心の V1112 Per を含む星々は、今回はクッキリ!なにせ二の轍を踏まぬようにルーフを 1/3 ほど開けたまま放っておいたので、外気との温度差は小さく、まぁ撮影時の温度も、前夜とはけた違いに暖かい状況。。暗くなった星を十分に認識できるようになりました。ということで、まずは出来ることを粛々と。。さて昨日は終日快晴!夕刻には東方最大離角を迎えた水星が西の空にみえるはず。探してみました、事前に 135mm で写すには、何時が良いの?とステラナビゲータ 10 でシミュレート・・答えは「17時30分を過ぎれば可能・・」。その答えに従ってカメラを構えるとキラリ!あっさりとレンズの向こうにみつかりました。その一枚

f:id:nyancotan:20210124173352j:plain

東方最大離角を迎えた水星 01月24日17時33分 135mm F4.0 ISO400 2秒 by PENTAX K-01

カメラのセンサーサイズが小さいので 35mmフル規格だと 207mm 相当の画角になります。なんか怪しい雲影も一緒に写りました。まぁ記念ということで、で振り返ると「月」

f:id:nyancotan:20210125075330j:plain

 月(月齢 11.2日) 01月24日18時25分 ISO800 1/800秒 南北2枚比較明合成 C14+れ

久々に満喫した二日間、で予想資料をみると・・明日未明も晴れるらしい、なら。。