nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

nyancotan 家の星空予想 07月09日発表

モデルは昨日と比べれば、ほぼ流れは同じ。後半はオホーツク海高気圧の影響下で雨は降らないが日中をのぞけばスッキリと晴れることもない。12日頃は東北地方を東進する低気圧の影響で雨が降る。ただし量的に多くなるセンスは小さい。全般に風が強く吹く日は無い(コメントのある日で 5m/s前後)。星空は、今夜から明日朝のみ。以降は朝晩中心に曇り空で経過の予想。

日付          天気                       星空予想  最高気温   気象要因
09日          晴れ夕方まで時々曇り                   ☆         27          谷場→南高北低
10日          晴れ午後時々曇り                            ☆         28          弱低北部通過 午後NW
11日(●     曇り午前日が差す夜遅く(雨         ×          24          谷場→前線東北 午後NW
12日●      曇り日が差す朝晩雨                        ×          23          北高南縁&前線東北
13日(●     曇り日中時々晴れ朝晩(雨              ×          22          前線東北停滞→北高 午後NW
14日小●  曇り日中時々晴れ朝晩小雨           ×          23          北高南縁
15日小●  曇り日中時々晴れ朝晩小雨          ×          24          北高南縁
16日           曇り日中時々晴れ                           ×          25          北高南縁 午後SE
17日           曇り日中時々晴れ                           ×          27          北高南縁
18日           曇り日中時々晴れ                           ×          26          北高南縁
19日           曇り日中時々晴れ                           ×          26          北高南西縁 午後SE
★説明★
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Nヤツ=北の風 10m/s やや強い、SE or W のみ = 風速 6m/s程度 )
※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。
ちなみに・・nyancotan 家は、岩見沢市の片隅にあります。

NGC3692 しし座 渦巻銀河 & last chance

今朝、早朝は St に覆われていましたが、今は随分と青空が優勢に

最新の気象予測資料をみると、今夜宵は薄雲り、明日未明は晴れ!!

風の状況にもよりますが、ドブソニアン 30cm F5.0 & MT160 160mm F4.8 の二刀流で挑戦

海外で写されている核近傍のアップも出来れば、そんなイメージです。

ざっと、その後の予想をみると・・まさに、星空は「皆無」

今夜が、目先 10日間ではラストチャンスです。

さて岐阜・長野に出された「大雨の特別警報(レベル5)」

あれがレベル 5相当なら、九州はどうなのよ?って気持ちです。

九州の事例では、やはり、もっと早く発表しないと救える命も救えません。

災害が起こってから発表すれば、空振り率は限りなく「ゼロ」にできます。

評価をすれば「優秀」のハンコを貰えるでしょう。行政機関にとっては最良です。

ただ、何人もの命を犠牲にして、国民の財産を失い、それで「優秀」とはなりません。

私なら、どれだけの命を救えたのかを評価の対象にします。

考えを直す時間はまだあります、特別警報の運用の見直しを強く希望します。

f:id:nyancotan:20200709071950j:plain

NGC3692 しし座 渦巻銀河:Sb 13.0等 05月08日21時14分 ISO6400 30秒 18枚合成 C14+れ

銀河の構造物か重なる星か不明瞭ですが、少しごつごつとした感じを受けます。今夜は、しし座に輝く レモン彗星は厳しい感じですが、夜明けの彗星は準備万端!待ち構えたいと思います。予想資料をみると道北や東部を中心に低い雲(St)が多く、晴れ間は難しそうですが、それ以外の地域の内陸部なら彗星を写せるチャンスはありそうです。その後は、我が家もそうですが、ほかの地域でも星空は皆無なので今夜が実質的な「夜明けのネオワイズ彗星」を撮るラストチャンスです。皆様の健闘を。。さて、岩見沢郷土科学館の天体教室ですが、先日、10月10日だけ募集人員を減らして開催の方向と聞きました。その頃の目玉は「地球に接近した火星」、宵空には木星土星も並んでいます。ソーシャルディスタンスの確保と各自の接触を避ける方策も検討されていました。全世界でワクチンの臨床試験が始まっているようですが、今年 10月の時点で完成することはあり得ないでしょうし。大きな声で解説も、マイクにスピーカーか拡声器か、接眼レンズでの接触をどうするか?まだまだ課題は多そうです。でも、好天に恵まれて喜ぶ顔をみたいですね。

nyancotan 家の星空予想 07月08日発表

モデルは 12日頃までは、昨日の流れと大きな差はないが、それ以降はオホーツク海高気圧が次第に発達し、期末まで本道付近は影響下にある。梅雨前線は全般に南へ下がり、本道だけをみれば影響を受ける状況にはない。少々日替わりが大きいので、中盤以降はは怪しいかも。ただ米国・欧州の全球モデルでもチベット高気圧の顕著な発達はなく、おおよそ本邦の予想と似通っている。西日本を中心とした前線の影響も断続して続き、梅雨明けは遠い。雨量がまとまりそうだった 12日の降水は太平洋側中心で我が家はかすめる程度、量的にも少なくなった。星空は 9日宵から日付が変わる頃まで晴れそう(少し南風あり)、その状態が翌 10日未明まで続けば NEOWISE に手が届くがどうかな??。

日付          天気                       星空予想  最高気温   気象要因
08日●      曇り時々雨                                         ×           23          谷通過→谷場 午後SE
09日(●     曇り朝の内(雨のち晴れ                  ☆          26          谷場→南高北低 午後W→S
10日          晴れ朝晩曇り                                      ×          27          弱低北部通過 午後NW
11日          晴れ午後曇り                                     ×          26          谷場→北高 午後NW
12日●      曇り日が差す夜遅く雨                    ×          24          北高南縁→前線東北
13日●      曇り日中日が差す未明雨                ×          22          前線東北停滞
14日小●  曇り日中時々晴れ夜小雨                ×          24          北高南縁
15日小●  曇り日中時々晴れ朝晩小雨           ×          23          北高南縁
16日           曇り日中時々晴れ                            ×          24          北高南縁
17日           曇り日中時々晴れ                            ×          25          北高南縁
18日           曇り日中時々晴れ                            ×          24          北高南西縁 午後SE
★説明★
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Nヤツ=北の風 10m/s やや強い、SE or W のみ = 風速 6m/s程度 )
※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。
ちなみに・・nyancotan 家は、岩見沢市の片隅にあります。

M96 しし座 棒渦巻銀河 & 線状降水帯強化指令

今朝は、時々雨が強まったり。。

さて国交省大臣が気象庁に「線状降水帯」の予測精度を向上させよ!

と指令を出しました。

まぁ線状降水帯はテレビでも頻繁に解説される程度で、ありふれた現象の一つ

広島豪雨の時にも気象研究所と地元気象台が研究結果を公表しています。

要は特別な予測を用いずとも、現時点で十分に予測も可能だということです。

裏を返せば、実況をみて予測する人間の技量にかかっているだけ

一昨日も書きましたが、気象庁の予算は、国民一人当たり「コーヒー一杯」の代金総額

他省庁に比べれれば、重要な役所なのに小さな予算の中で頑張っていると思います。

まぁそれとこれは別、必要ならば増額要求もしながら国民の生命財産を守らないと

でもしないんだな~「しない=やる気がない。」なのに、それに気が付かない。

だから現場はひっ迫する、線状降水帯の予測技術も向上しない。

現場はまじめにやっていても、上に立つものが・・だと。

今度は長野と岐阜に「大雨の特別警報」、4時間もすれば通り過ぎる降水域

九州で痛い目に遭い、国交省大臣から意見をもらい、上部は完全に浮足立っています。

哀れですね・・。

そうは言っても災害から人命を守れるなら、それで目的達成なので結果オーライです。

f:id:nyancotan:20200708073735j:plain

M96 しし座 棒渦巻銀河:SBab 9.2等 01月23日23時46分 ISO6400 30秒 20枚合成 C14+れ

この写真では微かな影しか写っていませんが、M96 の腕を透かして一部に別の銀河が重なって見えています。M96 と同じような領域に浮かぶ M105 や M95 などとは別の圧倒的に遠い領域に浮かぶ銀河たちです。先日、板垣さんが超新星を発見した「おとめ座」の NGC4457 に輝く SN2020nvb は、発見時の光度 13.0 から増光して 7月5日には 11.9等となっています。「常に変化を続けている」ということですね。自分の思いが叶うようになったら超新星爆発の現場に立ち会ってみたいですね。あとは、去年話題になったベテルギウス・・地球上で作れる真空よりも希薄な星、というものも。。未来も過去も、自由に往来ができる姿に早くなりたいものです。