nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

nyancotan 家の星空予想 04月18日発表

モデルは凡そ安定しているが、台風第 2号の動向がぶれている。米国・欧州は共に 22日頃から北上させたのち衰弱しながら小笠原方面を北東進、本邦は昨日よりも列島に近づけて列島の東海上を東北東進させている。と言うことで昨日の予想と流れは似ているが日替わりの部分がある。24日頃は谷は通るが影響は弱く、降水現象まで至らない予想になった。いずれにしても台風の動向に揺さぶられている。星空は昨日と変わらず 21日頃を中心に ☆ が並ぶ、月は 20日が半月(上弦)。

              天気                                     星空予想  最高気温   気象要因
18日●    雨午後一時曇り                                   ×              10      暖湿流→低 →N→S→弱
19日●    雨昼前から曇りのち晴れ                 ×             11      低循環内 W日中ヤツ
20日(●   晴れ時々曇り昼前(一時雨               ☆             14      低循環内 →W日中ヤツ
21日        晴れ                                                       ★            14      WNW W→弱
22日        晴れ午後時々曇り                              ☆            13      NW→NE 日中N
23日        晴れ午前時々曇り                              ☆            14      NE→高圧部 日中N
24日        曇り午前時々晴れ                              ×             16      弱谷通過
25日        晴れ午後曇り                                      ☆            14      NW→高圧部 日中W
26日(●   曇り明け方(雨のち時々晴れ           ×             13      前線衰弱→高圧部 日中N
27日(●   曇り昼過ぎから(一時雨                    ×             11      北高→弱谷通過
28日●    雨時々曇り                                           ×               9      低接近
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Wヒツ=西の風 非常に強い 20m/s、Nヤツ=北の風 やや強い 10m/s 、
            SE or W のみ = 風速 6m/s程度、数値 = 降雪量 )

※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。

渦を巻く NGC3686 棒渦巻銀河 しし座

今朝は雨・・これまでの総雨量は 50mm弱、案外とまとまった雨に。。

でも、まだまだ降る予定・・結局 80mm近い雨量になりそうです。

川の増水が心配ですが、今朝の時点では極端に増水している川はありません。が

流域を広く持つ川は、これから川に向かって水が集まります。

本当に怖いのはこれから・・川には近づかない様にしましょう!

さて ASEAN 首脳会議が今月下旬に開催される予定です。

ミャンマーからは国軍のトップが出席を予定・・事実上の国の代表として認める行為へ

中国は喜んでいるでしょうね。これで自分の領土が広がったも同然

南シナ海の覇権にも障害がひとつ減る。。と

中国発祥の「囲碁」、いかに敵を交わしつつ領土を広げ保つかを競います。

まさに歴史ある頭脳戦が実践されているという事かもしれません。

日本の様に経済的に大国と呼ばれても国土も自衛手段も中国に比べれば蚊の様なもの

アメリカの後ろ盾がなければ、この世に存在することすら怪しい国

あと 50年もしないうちに過去の朝鮮半島の様に、大国の戦場に化すかもしれません。

どちらの手に落ちるかは想像に容易いでしょう。

そんなことも、のほほ~んとしながら「コロナ」と騒いでいるの平和ボケの良い処

日本は良い国です。色々な意味で

f:id:nyancotan:20210418072619j:plain

 NGC3686 しし座 棒渦巻銀河:SBbc 11.4等 03月09日00時42分 ISO6400 30秒 19枚合成

f:id:nyancotan:20210418072810j:plain

同 C14+レデューサー(焦点距離 2463mm)オリジナル領域 上はピクセル等倍を50%縮小

姿は小さいですが、如何にも棒渦巻銀河的な姿をしています。腕や外縁部に重なる星も幾つもあって、もしや?と思ってしまいます。先日(4/16)、「おおぐま座」の銀河 NGC3367 に超新星候補が発見されました。光度は 18.6等・・これは、写るか微妙な明るさ、晴れたらトライ!と思っていたら。。今朝見ると Type = MP となっていました。MP = Minor Planet(小惑星)・・ということで、超新星ではなかった様です。過去に私も新天体!と国立天文台に報告したことがあります。すると・・「もし今日撮影出来たら撮ってみて下さい。と。。恐らく写ることはないと思います。なぜなら偶然に銀河のそばを通過した名も無き小惑星なので・・」と回答がありました。そんなことが無いように万人の為に MP Checker が用意されていて Web 上で確認作業が出来ます。CCD で写されている方はアングルを変えてノイズでは無い!MP Checker で小惑星でもない!しかも現時点までに発見の報告も無い!となって初めて報告するそうです。結構、発見の報告までに道のりがあります。でも報告した後のドキドキ!感は楽しいものがあります。さて、次の夜はどうかな~~私が一番平和ボケしているかもしれませんね~

nyancotan 家の星空予想 04月17日発表

モデルは日替わりの様相もあるが、台風第 2号の動向は安定している。19日頃からサハリン方面で停滞していた低気圧は東へ動き、変わって高気圧が列島に張り出す。これにより曇天と晴天が交代する予想になった(~22日)。その後は 24日頃に谷が通る。期末は台風の動向次第で激変するので・・。星空は 19日夜から ☆ が復活!日替わりもあるので怪しいけれど。。

              天気                                       星空予想  最高気温   気象要因
17日●    曇り朝から雨                                         ×             14      高後面→暖湿流 Sヤツ
18日●    雨午後一時曇り                                      ×              12      暖湿流→低 SEヤツ
19日●    雨昼前から曇りのち晴れ                    ☆            11      低→W →W
20日(●   晴れ昼前(一時雨                                   ☆             14      谷通過 日中Wヤツ
21日        晴れ                                                          ★            17      WNW→高
22日        晴れ午後時々曇り                                 ☆            18      高通過
23日(●   曇り夜遅く(雨                                        ×             17      高圧部→谷接近 日中S
24日●    曇り時々雨                                              ×             12      谷通過 午後一時W
25日        晴れ午前時々曇り                                 ☆            10      NW→高圧部 日中NW
26日●* 晴れのち曇り夕方から一時雨か雪               14      高圧部→谷通過 →W 0cm
27日●* 曇り昼頃まで時々雨か雪                    ×                8      循環内 W→弱 0cm
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Wヒツ=西の風 非常に強い 20m/s、Nヤツ=北の風 やや強い 10m/s 、
            SE or W のみ = 風速 6m/s程度、数値 = 降雪量 )

※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。

上昇傾向続く V1112 Per & 4月15日の月

今朝は曇り空・・北海道の日本海側では雨の降り始めた所もあります。

そして今朝は、共に職について初の日米首脳会談が開催されました。

日本の夜明けに合わせて共同記者会見も行われ、共にメッセージを公表しています。

ざっと、余り中身のないものでしたが・・まぁ公表できる部分なんで。。

今後の実効性ある発言と行動に期待です。

国際的には、中国・ロシアに関わるもの、北朝鮮、中東パレスチナの問題でしょうか

国内的には、やはりコロナウィルスの終息とオリンピック・パラリンピックの開催

あとは 5G や脱炭素への技術開発と規格の国際的な競争問題

色々とありますわ、本当、言うのは簡単・やるのは大変、頑張って!ガースー

f:id:nyancotan:20210417074627j:plain

  V1112 Per 04月15日撮影 & 2月12日撮影の比較 新星(変光星)は赤縦横線の交点

f:id:nyancotan:20210417074807j:plain

   V1112 Per ライトカーブ by AAVSO HP (発見~4月16日) 全測光データ

f:id:nyancotan:20210417074933j:plain

 同 C14+レデューサー オリジナル領域(上はピクセル等倍を50%縮小トリミング処理)

季節が進んで薄明が終わると仰角 30度超まで下がって来ました。その下は工業団地の水銀灯の林・・。ということで撮影環境がだんだんと悪くなってきました。が・・新星(変光星)の方は、まだまだ明るくなる傾向が続いていて、2月のものと比べると誰がみても明らかです。一応、いつもの様に AAVSO HP から同星のライトカーブを描かせてみましたが、直近では私の見積もった光度よりも 0.5等ほど、明るい数値に収束しています。ちょっと控え目な見積もりだった様です。流石に周極星の位置にありますが、宵空で写せるのは、あとひと月あるかどうか・・。次に撮影環境が良くなるのは 7月に入ってから。。次?は、どんな変化をみせているのでしょうか??楽しみです!

f:id:nyancotan:20210415191014j:plain

    月(月齢 3.3日) 04月15日19時10分 ISO1600 1/30秒 合成ナシ MT160+コレクター 直焦点

f:id:nyancotan:20210415191302j:plain

          地球照 同日19時13分 ISO800 2秒 機材同上

この夜の月も一緒に・・機材は違いますが、月を撮るには便利です。上の一枚は、南側の離れ小島の様な光を表現しました。下は、何故か月の中央部が青く染まってしまいました?余り、イメージのない画像です。なんだろう・・・