nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

nyancotan 家の星空予想 10月25日発表

モデルは本道付近だけをみると基本的に安定している。29日に寒気は入るが平地に雪を降らせるほどはない。当面 27日後半~29日初めまで雨が断続する。それ以外は晴れる時間も多い見込みだが・・・問題は、新に発生する台風の予想が各国とも差が大きく、どれも信頼性に欠ける。。ざっくりと米国と本邦は 24時間程、位置に遅速がある。。さてどうなるのか??星空はその不確実性の中に ☆ が散発。。

              天気                                    星空予想  最高気温   気象要因
25日          晴れ午後時々曇り                              ☆           17      高西縁
26日(●     曇り日中(一時雨                                 ×            16      高西縁→低接近
27日●    曇り夕方から時々雨                          ×            16      谷通過 →S
28日●    曇り時々雨                                          ×            12      谷通過 W→NW
29日●    曇り初め一時雨のち晴れ                ☆            12      NW→高通過 NW→弱
30日          晴れ昼前から時々曇り                    ☆           16      高西縁→谷場 日中S
31日(●     曇り夜遅く(雨                                     ×            14      谷場
01日(●     曇り初め(雨のち時々晴れ               ☆            13      谷場→高 日中N
02日          晴れ午後時々曇り                             ☆           14      高圧部
03日          晴れ時々曇り                                      ☆           14      高→西縁 →S
04日(●     曇り夜遅く(雨                                     ×            15      高西縁→低接近 S→ヤツ
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Wヒツ=西の風 非常に強い 20m/s、Nヤツ=北の風 やや強い 10m/s 、
            SE or W のみ = 風速 6m/s程度、数値 = 降雪量 )

※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。

水星 西方最大離角 10月25日 & AT2021abzd

今朝は快晴!きりりと冷たい空気に覆われています。

見上げると青空に白い月、今日は良い天気に恵まれそうです。

さて昨日書いたように今朝は午前 5時に起きて東の空に水星を探してみました。

周りに明るい星がなくて、とても目立つ存在でした。こんな空・・

f:id:nyancotan:20211025051248j:plain

  水星 10月25日05時12分 68mm(35㎜フル 105mm相当) ISO100 F5.6 3秒 固定

見つかるでしょうか?少しこんもりした木の上にキラリと輝いています。東の空が開けた我が家では玄関をあけると、すぐに見つけることが出来ました。肉眼では気づきませんでしたが写真には、水星の上にもう一つ小さな星があります。調べると「おとめ座」γ (ガンマ)星 2.7等でした。空を見上げると冬のダイヤモンドの中に月・・。そんな静かな朝を迎えました。

f:id:nyancotan:20211025075602j:plain

     同時刻を再現した SUPER STAR Ⅳ を抜粋 水星は仰角 7°でした。

そんな夜明けの前に・・昨夕、最近発見された超新星候補を撮ってみました。

f:id:nyancotan:20211025075810j:plain

  AT2021 abzd in NGC233 アンドロメダ座 楕円銀河:E 14.0等 10月24日18時35分

f:id:nyancotan:20211025080130j:plain

  同 C14+れ オリジナル領域 ISO6400 30秒 15枚合成 上はピクセル等倍でトリミング

ATLAS グループが 10月22日に発見した新天体です。発見時の光度は 17.3等、撮影時で 16.8等と少し明るくなっているようです。確かに、これまで星のなかった領域(WikiSky 破線丸)に新たな輝きがあります。その内、スペクトル観測を経て正体が明かされるのでしょうね。。で・・ついでと言えば、東の空から半月に近づいたオレンジの月が顔を出しましたので一枚だけ。。

f:id:nyancotan:20211025080609j:plain

 月 10月24日19時33分 ISO800 1/400秒 C14+れ 直焦点 南北 2枚を比較明合成 & 縮小

久々に撮ってみました。風がないのは良いですね~、ただ朝は冷え込みます。。

nyancotan 家の星空予想 10月24日発表

モデルは期末は不安定。27日頃の低気圧も更に深まり雨が長引く、28日は寒気による時雨も今日の資料では、まだ低気圧循環内、抜けるのは翌 29日になっている。雨量も太平洋側を中心に多くなる予想となった。ちょっと日替わりが大きい。星空は中頃は消失、今夜からと期末に ☆ 。。

              天気                                      星空予想  最高気温   気象要因
24日          晴れ時々曇り                                      ☆           16      WNW→南高北低 午後一時W
25日          晴れ午後時々曇り                              ☆           17      南高北低 →S
26日          曇り時々晴れ                                      ×           17      高西縁→弱谷通過  S→弱
27日●    曇り夕方から時々雨                         ×            16      高圧部→低接近 →S
28日●    雨日中時々曇り                                 ×            15      低通過 Sヤツ
29日●    雨午後時々曇り                                 ×            11      低後面 Wヤツ→弱
30日          曇り昼前から時々晴れ                    ×           16      南高北低 →S
31日(●     曇り初め(雨のち時々晴れ               ×            14      弱谷通過→北高 日中NW
01日          曇り午後時々晴れ                             ×           13      谷場→NW
02日          晴れ時々曇り                                      ☆           14      NW→高通過
03日●    晴れのち曇り夜遅く雨                    ×            14      高西縁→低接近 →S
日付の後に付くマーク: ●=雨あり、小●=小雨あり、(●=ところにより雨、*=雪あり
天気:nyancotan 家の天気
星空予想:×=星空見えぬ、★=未明&宵に星が見える、☆=未明or宵どちらか見える
最高気温:nyancotan 家の日中の最高気温
気象要因:天気を支配する低気圧などの補足
        ( WNW・etc:冬型の気圧配置など、Wヒツ=西の風 非常に強い 20m/s、Nヤツ=北の風 やや強い 10m/s 、
            SE or W のみ = 風速 6m/s程度、数値 = 降雪量 )

※ 毎日一回の発表です。修正は致しませんが、日々大きく予想が変わることがあります。

伴銀河 NGC185 アンドロメダ座

今朝は晴れ・・予定よりも雲が減って内陸から風が吹き出しています。

晴れて気温が下がり、内陸に地形的な高気圧が形成されたのでしょう。

さて上空に寒気が残っており、日中は山沿いで雲が新たに沸き、我が家の上空へ。

で・・雲を運ぶ風向きが夕方には変わりはじめ、今夜は晴れる予定です。

上手くいくと明日朝まで晴れてくれそう・・そんな朝

太陽に最も近い軌道を回る水星が、夜明けの空にみえるかも知れません。

明日(10/25)、西方最大離角を迎える水星

余り高度は高くはありませんが、明るさは 0等星・・目の良い方なら見つけることが

真東よりも少しだけ南に振れた空、明日午前 5時に仰角 7° です。

探してみませんか?

f:id:nyancotan:20211024075542j:plain

NGC185 アンドロメダ座 楕円銀河:E 9.2等 10月12日21時14分 ISO6400 30秒 15枚合成

銀河の中心付近に暗黒物質が浮かんでいるのか?妙な濃淡があります。この銀河は M31 (アンドロメダ大銀河)の御伴。主従関係で寄り添っています。銀河系に例えるとマゼラン雲のような存在です。アンドロメダ銀河に寄り添うので、私たちの銀河系からの距離も近く、大きな望遠鏡で写すと銀河に存在する星が分離して写ります。その内、技術が進むと内包する星の周りに惑星がみつかるようになるかも知れません。私の存命する時間の中では難しいかも?ですが・・。将来が待ち遠しいですね