nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

NGC488 渦巻銀河 うお座 限界かな?

おばんでございます。

どうも私の頭よりも尻尾の方が予想が当たるようで!?・・

今は、思いの他良く晴れています。ただ西海上には寒気に伴う雨雲がびっしり

その雲も頭の上に入って来るまでには時間がありそうなので

暗くなる 18時過ぎから、さっさと撮影を始めます。

今夜は北風・・納屋の南側に陣取り、軽カーを衝立代わりに使って風を避けます。

時々、建物を回りこむ風が吹きますが、どうにか撮影は出来るでしょう。

で本日、新たに購入したものが、さて何でしょう?

ヒント「秋の夜長に負けないために」・・明日、郵便小包でやって来ます!

f:id:nyancotan:20151112073831j:plain

                  NGC488(うお座 渦巻銀河)10月17日22時15分 直焦点撮影

  DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)ISO6400 20秒 22枚合成 PENTAX K-01

f:id:nyancotan:20151111151631j:plain 同銀河 トリミング

※ 秋の南の夜空に輝く 2匹の大きな魚の姿、それが「うお座」です。秋の夜空で唯一の一等星、フォーマルハウトが輝く「南のうお座」とは別の星座です。そのうお座は、太陽が天球上を動く道筋にあるので「うお座」生まれの方が地球上に暮らす人口の 1/12 を占める一大勢力、メジャーな存在です。でも実の星座は、明るい星が少ない控えめな印象を与えています。さて NGC488(10等級)は、少し特徴のある渦巻銀河なのですが、私の写真では・・・。その特徴とは、取り巻く腕が、とても細くて幾重にも巻いていること、うーん。。何となく明るさの違う層が重なっている様にも見える気がしますが、なんとも微妙ー。で今夜か明日、撮り直してみます。限界かなーと思いつつ。。

※ 直焦点撮影の画像を銀河名称入りに差し替えました。(11/12 am)