nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

橋の下のアルカディア 2016・11・17 公演初日

という訳で、今年の誕生日は江戸で過ごしたのです。

旅の目的は、天才少女?に会うこと・・2年余りの充電期間をあけた再演の初日公演

f:id:nyancotan:20161119082400j:plain

       運よく抽選で当たった、公演初日 11月17日のチケット・・。

実は、さほどヘビーなファンではないので、再演と云われてもストーリーを知りません。ざっと、猫好き & 猫に命を救われたことのある方だと、肌身にしみる感動作でしょう。その昔「悪いなぁ~この仕事、誰も受け手がないんだよ・・、○○、人柱になってくれ」と云われたことのある猫好きの私にとっては、不思議な縁を感じる歌舞台。相変わらずの天才少女は、エンディングの挨拶で・・「沢山リハーサルを重ねたのに歌を間違えちゃいました!」と、まぁいつも通り。2時間(インターミッション20分)の歌舞台も、自分の記憶のページを開いてみている様に「あっという間・・」、中身の濃い力の入ったものでした。残念ながらローカルでの公演予定はなく、東京赤坂でのオンリーツアー。。最後まで元気に頑張ってくれれば・・。と願い会場をあとにしました。 2016年、記念に残る初の「夜会」観賞となりました。。で、おのぼりツアーといえば定番も・・

f:id:nyancotan:20161117143100j:plain

    浅草寺 & 仲見世 煙を頭と腰にかけてきました。よくなれ~って

f:id:nyancotan:20161120063657j:plain

         お参りを済ませ・・上の大きな竜にも、ご挨拶

f:id:nyancotan:20161120063809j:plain これが噂の

f:id:nyancotan:20161117132800j:plain

 後ろを振り返りスクランブル交差点から、普段ならテレビでみる風景ですね・・

目指すところが「昭和」を感じさせますね~、あぁ~懐かし・・。 つづく