nyancotan's diary 天体写真 in Hokkaido

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン と C14 ★天体写真 & 徒然 ★ ほぼ毎日更新

月夜でも輝く 冬の一等星

おばんでございます。

今夜は前線の通過、ゆっくり休養です。

明日の夜に向けて体調を整えます。

折角の晴れ間に、指を咥えていたくないので・・

さて冬は、空気が澄んでいて星空の華やかさも一番の季節です。

最近は、明け方には夏の大三角形を形作る星(デネブ・ベガ・アルタイル)が

全て姿を現し夜が明けます。

夜空を見ていると、既に夏に向かって季節が進んでいます。

f:id:nyancotan:20150208163858j:plain

※ これらは全て冬の星座に輝く一等星です。星の色の順に並べてみました。その色は、星の温度を示しています。赤い星は温度の低い星、青い星は逆に高い星となります。もしかして私たちが生きている間に大爆発(星の一生を終えるかも)する可能性のあるベテルギウス(オリオン座 α)は、一番赤い色をしています。そのオリオン座のもう一つの一等星 リゲルは青白く輝く高温の星です。対照的な星が同じ星座にあります。2つ一等星を持つ星座は、ふたご座・・兄弟が寄り添い天球に描かれています。その頭の部分に輝く兄がカストル、弟がポルックスです。こちらも対照的な色をしています。ちなみに写真は全て同じ露出で撮っていますので、そのまま明るさの差でもあります。全天で一番明るいシリウスおおいぬ座 α)、犬つながりでプロキオンこいぬ座の α星、こちらも大犬と子犬で対照的な明るさです。残るは、おうし座の a星アルデバラン、こちらは牡牛の血走った目に輝く星です。雰囲気が伝わりますね。そして子ヤギを腕に抱えた、ぎょしゃ(座)の肩に輝くカペラ、太陽に似た穏やかな色をしています。天気の良い日に色を頼りに探してみてはいかがでしょう・・。