nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

C/2013 X1 PANSTARRS 彗星 7月24日写らず

明日からしばらくの間、雨・雨・雷雨 & ドンヨリ。。

来月初めまで、曇天・雨天ベースの様です。ですが、なんと!!

当てになるか、現時点では信憑性に欠けますが

来月上旬に夏が来るらしい!しかも、30度をあっさり超える様な暑さ!?

これまで夏だか初夏だか判らない日々で、心地よく涼んでいたので反動が怖いです。

気温が 28度を超えると活動停止する様に出来ているので。。

f:id:nyancotan:20160725163542j:plain

C/2013 X1 PANSTARRS彗星(写っていません) 07月24日20時06分 ISO1600 3秒x9枚

f:id:nyancotan:20160726070943j:plain

    彗星がいるだろう領域(赤破線丸内)・・上写真、中央下2つの星が目印に

St(層雲)の拡がりが遅く、というか・・運よく南側(方位 160~220°位)の一部だけ低空まで St が抜けていて空が見通せる領域がありました。まぁ 20時30分には、火星も雲の向こうへ消えてしまったのですが。。でも、パンスターズ彗星が北海道から見える位置まで天球上を北上してからは、初の撮影チャンス!!夕焼けの残る明るい空の中に火星を見つけ、土星を見つけ、アンタレスも・・。ですが、肉眼では 1等星以外は見えません。なのでカメラでパチリ!おぉ~写る。で幾つかの星と他の星との位置関係から、彗星のいる領域へ 135mmレンズを向けることに成功!ファインダーの中では彗星は???星は沢山、合成すればきっと・・・。でも上の写真をみると、解ってもらえると思うのですが、St が向こう(南側)から手前(北西)へ飛んでいます。しかも段々と空に拡がる様に。20時15分を前に「もう無理!」と撤収です。この時の彗星の仰角は 7.5°ほど、ケンタウルス座にカメラを向けたのは、南鳥島以来・・約 30年ぶり、でも・・あの時のハレー彗星の様には写ってくれませんでした。残念!