nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

かみのけ座 渦巻銀河 M88 & 自動追尾の精度?

おばんでございます。

予定通り「青い空」が戻ってきました。

雨がしばらく続いていたので、透き通った青い空です。

まだ少し風が強いですが、宵には落ち着いてくれるでしょう。

予想していたよりも、上空の薄い雲も少なく

午前 3時、お月様と挨拶を交わすまで、ゆっくりと楽しめそうです。

目標・・「惑星・銀河・彗星・etc・最後にお月様」

今夜は、今夜しかないのさ!

f:id:nyancotan:20150611161632j:plain

                  M88(かみのけ座 渦巻銀河)05月16日22時02分 直焦点撮影

 DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)ISO6400 20秒 32枚合成 PENTAX K-01

※ 流石にメシエさんが発見された 9等級の明るい銀河、しっかり写ります。昨年の写真はこちら( http://nyancotan.hatenadiary.com/entry/2014/03/22/070400 )・・。腕の部分が、ざらついた感じがありましたが、今回は淡い濃淡に覆われ「The撮り直し」という感じに仕上がりました。さて自動追尾経緯台での撮影・・少し前になりますが、ブログに追尾精度などついて質問を頂いた方と機材の追尾精度や駆動系について、何度かやりとりをさせて頂きました(ありがとうございます)。その中で私が購入した口径 30cmの望遠鏡と、一つサイズが小さな口径 25cmの駆動装置の違いを知ることとなりました。同じスカイウォッチャーDOB GOTOシリーズでも、自分以外の機材の詳しい内容を知る機会がこれまで無かったので貴重な情報でした。実は当初、私も 25cmを買おうと決めていました。が「在庫なし・次回納入未定」の情報に、やむなく 30cmに手を出し今に至っています。もし、あの時 25cmの在庫があれば・・こんな風に銀河の写真は撮れなかったのかも?と、また何時かは普通の経緯台に戻るのかも??と、今では不安がつきまといます。この望遠鏡(シリーズ)の本当のスペックは???是非、知りたい所です。私の様に「20~30秒露出」なんて、あり得ないという方が実は沢山いるのでしょうか・・。