nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

ダメモトで RICOH O-RC1 バルブ対応?

さて・・昨日より見習いとしてプラネタリウムの操作等の習熟がスタート

案外と操作手順が多く、また光学式プラネタリウムを操るのも難しい

何より始まる前の電源投入から初期設定も、機器が幾つも並んでいるから、まず慣れが

来館される方の受付、星空案内人、科学教室の講師、配布資料の作成、等々

習うこと、慣れること、第三の人生も穏やかなスタートとはいかない

働く機会を頂いたことに感謝しながら、錬度を上げるしかない

地道にいこう・・そんな昨日、こんなものが届きました。

f:id:nyancotan:20171002063800j:plain

      リモートコントローラー 公証5万回シャッターが切れるらしい

ある時、ふと気がついて・・C-14 にカメラをつけた時に手が届かないなら、リモートコントローラーでシャッターを切れば良いじゃん。ついでにバルブ機能も使えば、60秒露出の複数露出も可能になるじゃん。と。。即決して、アマゾンで調べると手頃な価格で購入が可能。で昨日届きました!早速、カメラの説明書を読みつつ操作を試してみようと思っていたら「ガーン!!」、説明書にバルブ設定の時は操作できません。の文字・・。最初に説明書を読んでおけよ!と反省しきり。。でも、一応試してみると・・一度押すとカシャッ!もう一度押すとカシャッ!あれ??普通に動くじゃん。偶然何かの拍子で動いただけかも、と思い、今度は 90秒露出に挑戦。今度も成功!説明書の記述と違うじゃん。と思いつつ、当初の狙い通りの結果。これからは 60秒で20枚でも、90秒で20枚でも C-14 で写すことが出来る環境が整いました。少し楽しみが増えました。

f:id:nyancotan:20171001082200j:plain

 赤く色づいたナナカマド もう少し経つと、この上に白い雪が積もる様になります。