読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

月齢11日 離角110° M95 、写りの比較

おばんでございます。

本日、朝から除雪 3回・・風が強く、吹き溜まりが風の弱い所に出来ます。

雪の山の高さ、50cm位でしょうか

しかも、飛ばされ砕けた細かな雪が、コンクリートの様に山を造ります。

一度に動かすことは無理で、少しづつ削るように除雪します。

逆に風の強いところは、アスファルトが出ている程

明日の夕方までは、こんな調子です。

ちょっと腰が・・まだ壊れないで、お願い!!

f:id:nyancotan:20151227174815j:plain

                    M95(しし座 棒渦巻銀河)12月23日02時54分 直焦点撮影

  DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)ISO3200 15秒 20枚合成 PENTAX K-01

f:id:nyancotan:20151227175401j:plain

                      M95(02月16日撮影 月光なし)ISO6400 20秒 30枚合成

※ 同じ銀河を月光のあり・なしでの参考比較です。もちろん 2月の写真は、月光によるカブリの心配も無いので最近のスタンダード(ISO6400 20秒露出)での撮影です。中心付近を取り巻く構造は、そんなに見劣る事無く写るようですね。でも更に外周を取り巻く淡い腕は、ほぼ写りません。でも合成した中で見ると、星の積算した明るさ?が違うので、明るさに応じた大きさ?は小さいのですが、写っている光度そのものは余り大きな差はありません。光度にして 1~2等級違うかどうかでしょうか。。まぁその 2等級の差が、新しい星を見つけるためには途方も無く大きな差となる訳ですが。かと言って、月夜=撮影見送り・・は、みすみすチャンスを捨てるようなもの、もしかすると15等級の超新星が現れるかもしれませんし。。