読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nyancotan's diary

スカイウォッチャー DOB GOTO12 ドブソニアン 経緯台 自動追尾で ★天体写真★ in 北海道

NGC2146 星列の先に NGC2146A きりん座

珍しく太陽の輝きが東の空に。。

ようやく時雨がおさまった様です。じゃ今夜!とは行かないのが面白い。

世の中、上手くできている物で・・今夜には、ちゃんと次の低気圧がやって来る。。

そして明日から再び時雨模様。。次は、14日未明に晴れ間があるかどうか?

時雨れるたびに晴れる太平洋側が羨ましい季節になりました。

f:id:nyancotan:20161005150544j:plain

NGC2146 きりん座 銀河:Galaxy 10.5等 09月30日00時03分 直焦点撮影 ISO6400 20秒 20枚

f:id:nyancotan:20161005150545j:plain

                    同 10月01日00時06分 ISO6400 15秒 22枚合成 by DSS合成処理等

ほぼ 24時間をおいての撮影です。が、新たな輝きはありませぬ。なんとも奇妙な形、パッと見・・「サメのたまご」っぽい姿の銀河です。形態の分類も単に「銀河」となっていて、綺麗な渦を巻いている様子は無いようです。ちなみに大きな NGC2146 から星の列を辿っていくと、更に正体不明の銀河 NGC2146A の輝きがあります。何度も撮影をしていると 2146 の周囲の星の並びで 2146A の位置がわかるので、カメラを回転させ 2つの銀河を一枚に収めようと・・でも、その日の気分でカメラの回る方向が違うので丁度180度違う構図になってしまいます。まぁ上でも下でも良い訳です。ちなみに、この銀河を撮るためには、カペラ(ぎょしゃ座 α星)と北極星こぐま座 α星)が水平に輝くタイミングを見計らいアライメントを行います。ただ北極星の周囲 15度位は、私の経緯台では追尾精度がいつも悪い領域(曲率が大きいためか?)です。何時撮ってもダメなので構造上の弱点なのでしょうね。この写真も微妙に流れています。。